印刷版   

作家ヘミングウエイも情報部員だった可能性も…

米国情報部員の極秘ファイル解禁、作家ヘミングウェイの息子の名も

 【大紀元日本9月3日】 米国立公文書館は8月14日、第二次世界大戦中の米国戦略情報局(OSS)の情報部員全員の資料ファイルを解禁した。有名の小説家・詩人、『老人と海』などで知られるヘミングウェイ氏の息子ジョン・ヘミングウェイ氏の名も載っている。

 米国戦略情報局はCIAの前身、同資料ファイルによると、当時、OSSに在籍する情報部員は2万4千人に達した。ジョン・ヘミングウェイ氏のほか、アーサ・ゴードンバグ氏(現役米国連邦最高裁判所の首席裁判官の一人)、アーサ・シュレシング(米国著名の歴史学者、故ケネディ大統領の補佐官)、ルーズベルト元米大統領の2人の息子、ハリウッド俳優、作家など各業界の有名人が含まれている。

 また、太平洋戦争勃発後、ヘミングウェイ氏が個人所有のボートを武装して、カリブ海での米海軍の潜水艦によるドイツ潜水艦の捜索活動に協力していた。そのため、ヘミングウェイ氏自身もOSSの情報部員ではないかとの説がある。

 この解禁ファイルは75万ページに及び、当時の2万4千人の情報部員の詳細のデータを記したほか、軍と民間のターゲットへの大規模なスパイ活動の全容を詳細に記録した。また、3.5万ページはOSSの実際の運営状況をも説明。

 OSSの歴史について、米国政府と情報機構は一貫として極秘機密として扱っていた。

 

 
(記者・アンナ、翻訳・編集/叶子)


 (08/09/03 02:05)  





■関連文章
  • 訪仏のダライ・ラマ、大統領夫人と外相と会談(08/08/24)
  • ブッシュ大統領に会おうとした地下教会牧師、拘束される(08/08/13)
  • 北京五輪開催前日、中国の人権弾圧を批判=ブッシュ大統領(08/08/07)
  • 米フラッシング事件:米議会議員35人、米大統領に調査呼びかけ(08/08/03)
  • 中国民主活動家ら、ブッシュ米大統領と会談(08/08/02)
  • 北京五輪: 外国人宿泊客のインターネット利用、監視される可能性=米議員(08/08/02)
  • 新唐人衛星放送の再開交渉:仏元政府長官、仏大統領へ呼びかけ(08/07/31)
  • 五輪前12モスクにスパイ潜入、ムスリム選手らを監視=北京(08/07/26)
  • EU議会全体会議:主席五輪不参加表明、新唐人放送再開を呼びかける(08/07/17)
  • オバマ氏、ブッシュ大統領五輪参加を非難(08/07/11)
  • 「全世界華人声楽大会」アジア太平洋予選:馬英九総統、円満成功を祝賀(08/07/07)
  • ジンバブエ制裁:米議員ら、中国当局の反対を懸念(08/07/04)
  • 米政府、中国人権派弁護士らに民主賞授与(08/06/30)
  • 在米華人エンジニア、産業スパイとして懲役刑(08/06/21)
  • 米国在住中国人女性、スパイ容疑認める(08/05/30)