■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/09/html/d59081.html



とうがんのえびそぼろあんかけ(写真=大紀元)

【家庭料理】とうがんのえびそぼろあんかけ

 【大紀元日本9月23日】

 材料(4人分)

 とうがん400g、えび(中)8尾、青ねぎ1本、生姜適量、だし2カップ、酒大さじ1、砂糖小さじ1、塩少々、薄口醤油小さじ1、片栗粉小さじ2、A(みりん大さじ1、薄口醤油小さじ1、塩少々)

 作り方

 ①.とうがんは種とワタの部分を取り除き、皮を薄くむき3cm角に切り、さっと下茹でする。青ねぎは小口切り、生姜はすりおろす。えびは塩少々を加えた熱湯で茹で皮をむき粗みじんに切る。
 ②.鍋にだし2カップを入れて煮立て、下茹でしたとうがん、酒、砂糖を加え弱火で10分ほど煮てから、塩、薄口醤油を加え柔らかくなるまで煮て、とうがんを取り出し器に盛る。
 ③.②の煮汁にAを入れて煮たたせ、片栗粉を同量の水で溶いて加え、とろみがついたらえびと生姜の絞り汁を入れて一混ぜして火を止める。
 ④.②に③を上からかけて青ねぎを飾ってできあがり。

 一口メモ

 とうがんの利尿効果で、夏に体の中に溜まった余分な水分や熱を排出し、夏の疲れを取りましょう、低カロリーでヘルシーな一品です。

(文・岡山禮子)