■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/09/html/d64480.html



世界の国からコンニチハ!旅行博2008

 【大紀元日本9月23日】世界134の国と地域が参加し、海外旅行に役立つホットな情報と催し物を提供するアジア最大級の旅行情報イベント「旅行博JATA2008」が、お台場の「東京ビッグサイト」東ホール1・2・3で20、21日の両日に渡り開催され、各国のブースはそれぞれの地域を代表するスナック類や催し物のプログラムで来場する人々の足を止め耳目を楽しませていた。19日の予備日はマスコミ関係などの限定で、一般公開日の二日間を合わせた三日間のトータル来場者数は11万人弱となり、国内での認知度が成熟しつつあることを示した。

 旅行博は、(社)日本旅行業協会(JATA)が企画運営し主催したもので、各国ブースでは現地人スタッフが丁寧かつ流暢な日本語で対応、どのブースも日本人観光客を誘致するのに熱心な様子だったが、台湾、韓国、中国、タイなどの近隣諸国を始め、既に日本人に人気のあるフランスやイタリヤなど欧米諸国などの健闘が特に光った。元来、海外での見聞に熱心な旅行好きな日本人であったが、海外でのテロの拡散や中国での食料品問題、世界的な原油高による燃料サーチャージなどで不安回が拡がり旅行業界は逆風状態、こういった情報の一般公開イベントで巻き返しを図りたいところだ。

来場者に無料でお茶の振る舞い(台湾)(写真=大紀元)

気合いの雄たけびを入れる現地人スタッフ(タンザニア)(写真=大紀元)

来場者に無料で原産地コーヒーの振る舞い(ルワンダ)(写真=大紀元)

伝統楽団「マリアッチ」のパフォーマンス(メキシコ)(写真=大紀元)

ハンサムな現地人スタッフによるドラム・パフォーマンス(カナダ)(写真=大紀元)

民族衣装チマチョゴリで応対する観光スタッフ(韓国)(写真=大紀元)

伝統衣装で踊りを披露(タイ)(写真=大紀元)

日本語が流暢な現地人スタッフのスベトラーナさん「公用語はキルギス語とロシア語です」(キルギスタン)(写真=大紀元)

現地のお菓子を薦めるアフリカの肝っ玉母さん(ボツワナ)(写真=大紀元)

民族衣装に身を包む現地人スタッフの女性(キルギスタン)(写真=大紀元)

(記者=西端)