印刷版   

北京市前副市長、巨額収賄罪で死刑判決

 【大紀元日本10月21日】北京市の前副市長・劉志華容疑者(男、59歳)は巨額の賄賂を受け取った容疑で、河北省の衡水市中級法院(日本の地方裁判所に相当)の一審で、執行猶予2年付きの死刑判決となった。

 国内メディアの報道によると、劉容疑者は1999年から2006年の北京市副市長在任中、職権を濫用して、土地開発、不動産取引、銀行融資、官職昇進などの分野で便宜を図り、その見返りとして10社以上の企業と個人から計700万元(約1億1千万円)の賄賂を受け取った。

 今回の裁判は10月14日、河北省の衡水市中級法院で行われた。死刑判決が言い渡された後、劉容疑者は上訴するかどうかを示していない。

 検察の訴状によると、上記の収賄容疑のほか、劉容疑者は不倫相手に建設プロジェクトを斡旋するなど、職権を利用して巨額の暴利を貪っていた。

 今回の判決は収賄容疑に基づいたもので、職権濫用の罪は問われていないという。

 劉容疑者は北京市西城区の共産党書記、北京市政府の事務局長、市国家機関の共産党書記を歴任、1999年から北京市副市長に就任した。都市建設の企画を主管、数々の大型建設プロジェクトの総責任者を務め、五輪開催の競技場建設などを手がけていた。2006年6月、内部告発により逮捕された。

 同容疑者は、汚職容疑で有罪判決を受けた北京市共産党委員会書記・陳希同容疑者に続く大物である。

 1998年、陳希同容疑者は汚職の罪で16年の懲役刑を処せられ、2006年に健康上の理由で仮釈放となった。中国問題の専門家は、これらの大物幹部の失脚は政権内部の権力闘争の結果であると指摘、今回の死刑判決は執行猶予2年がついていることから、最終的に執行されるかどうかを静観すべきと話した。

 
(翻訳編集・叶子)


 (08/10/21 06:23)  





■関連文章
  • 上海市警官殺傷事件・控訴審:市民ら、再び警官隊と衝突(08/10/15)
  • 5億ドル着服の中国銀行元支店長ら、逃亡先の米国で裁判(08/09/02)
  • 離党届を出したと伝えられる華国鋒・元党主席、20日に死去(08/08/23)
  • 死刑囚の臓器摘出、遺族が陳情・訴訟中=新疆ウイグル(08/06/29)
  • 四川大地震、愛国報道の裏に潜む親の叫び(08/06/15)
  • 中国成都:市民抗議デモ、環境汚染化学工場建設反対(08/05/07)
  • 中国湖南・長沙:労働者数千人、座り込み抗議(08/04/13)
  • 「腐敗は必ず共産党を崩壊させる」=胡錦濤・総書記(08/03/01)
  • 人権弁護士:江沢民一族、大富豪詐欺犯罪の裏幕(07/12/21)
  • 武装警察部隊副司令官の死、自殺説の背景(07/12/09)
  • 中国、米軍艦の香港寄港拒絶=裏に潜む中国最高指導部の権力闘争(07/12/08)
  • 中国の臓器移植:逮捕された日本人斡旋業者、当局の支援アピール(07/10/20)
  • 中国当局の臓器移植誓約、背景に五輪の圧力(07/10/18)
  • 第17回党大会:曾慶紅が党大会事務総長に、予断許さぬ勢力抗争=専門家  (07/10/16)
  • 中国当局、臓器移植で世界医学学会と合議書=疑問視される実効性(07/10/09)