印刷版   

中国共産党政権下で長年強行実施された一人っ子政策で、家庭で老人の世話をする人手がますます減少している(Getty Images)

老年人口1億4千9百万人、深刻化する老人介護問題=中国

 【大紀元日本10月9日】中国政府メディアによると、中国の60歳以上の老年人口総数が1億4千9百万人に達し、国内の多くの大都市にある老人介護施設はすでに「満員状態」という局面が現れていることがこのほどわかった。

 90年代初め、中国では若者10人で老人1人の世話をするような比率であった。しかし現在では3人で1人を世話するという比率となっている。これは、中国共産党により長年、一人っ子政策が強行実施されたため、双方の父母が自分たちの唯一の子供に頼ることしかできないうえ、家族で老人の世話をする人手がますます減ってきている状態だ。

 中国の大都市の中で、上海は最も早く老人社会に突入した都市であるという。60歳以上の老年人口は300万人近くおり、戸籍上の総人口の20%以上を占めている。この比重は全国平均の2倍である。多くのお年寄りは自分が敬慕する老人ホームに入ることを希望しているが、実際はそう簡単に入れる状況ではなさそうだ。上海市の関連機関が提供できるベッドはすでにいっぱいであるが、さらに千人以上のお年寄りがホームの入居を希望しているという。同じような問題が北京でも起きており、現在入居希望登録している千人以上のお年寄りの入居希望問題を解決するためには20年を要するという。

 このほか、天津市の老年人口の増加が近年、加速傾向にあるという。データによると、天津の60歳以上のお年寄りは156万人に達し、同市総人口の16・3%を占めている。これは全国平均の11・6%を上回る割合だ。この中で介護機関に養老を希望するお年寄りは16万近くいるが、現在、全市のベッド数は2万にも満たないため、需要と供給の矛盾が突出しているようだ。

(翻訳・坂本)


 (08/10/09 07:41)  





■関連文章
  • 上海直訴者18人、北京天安門前で拘束(08/10/03)
  • 秘密化学工場爆発事故、5人死傷=北京(08/09/26)
  • ゴミ埋立て場の撤回求め、北京市民集団抗議(08/09/23)
  • バブル崩壊の前兆か=モルガン・スタンレー社、上海高級マンション売却           (08/09/19)
  • 中国国内乳業22社製品にメラミン混入(08/09/18)
  • 北京公安、問題解決求める直訴者であふれる(08/09/16)
  • 中国の民主派知識人が語る北京五輪(08/09/08)
  • 四川大地震から100日、未だにテント生活続く被災者(08/09/06)
  • 北京市内、環境汚染に住民が抗議デモ(08/09/01)
  • 株暴落で見えてきた、中国政府の集金のからくり(08/08/30)
  • 北京五輪を終えて:何回中共に騙されれば、我々は気付くのか?(08/08/27)
  • 拘束された抗議デモ申請者の1人、五輪閉会後に解放=北京(08/08/26)
  • 中国体操選手の年齢水増し疑惑:専門家、IOCの調査結果を疑問視(08/08/25)
  • リチウム電池の入った旅客荷物の託送禁止=中国新規定(08/08/24)
  • 五輪は中国を変えたか=英BBC記者(08/08/23)