印刷版   

刑務所で妻と面会した時の齊さん(大紀元)

監禁中の中国人ジャーナリスト、家族が虐待の実態明かす

 【大紀元日本11月2日】中国当局が報道を禁止した情報を本紙に伝えたため逮捕・監禁されている国内紙のジャーナリスト齊崇淮さんは、獄中で虐待を受け、重労働を強いられていることが、家族の証言でこのほどわかった。

 齊(斉)崇淮さん、別名齊崇懐、今年44歳。98年から数々の国内紙の記者・編集者などを経て、2006年6月から、「法制早報」山東支局の事業開発部主任に昇進、中国当局の官製メディア新華社の山西省支局の特約記者なども兼任していた。

 齊さんは独立、客観、公正の新聞報道を目指し、歯に衣着せぬ報道スタイルを堅持、共産党幹部の汚職を暴露し続け、公民権利の保護に努めてきた。2007年5月から同年6月にかけて、齊さんは中国国内で報道禁止されている情報を本紙に寄せ、情報源を提供したが、そのことが中国当局に察知され、後に逮捕・監禁された。今年5月、滕州市裁判所は「金銭強要」の罪で、齊さんに懲役4年の判決を言い渡した。その後の彼の上訴は却下された。

 齊さんの妻・焦霞さんは本紙の取材に、夫の近況を明かした。

 それによると、齊さんは「藤州姜屯鎮監獄」に監禁されている。ほかの受刑者は看守の指示に従い、頻繁に斎さんを暴行している。齊さんは激しい腰痛を訴え、体調を崩して夜も眠れないでいるが、毎日山道を歩いて20キロ離れた「武所屯生建炭鉱」に行き、炭鉱採掘の重労働を強いられている。そのような状況においても、齊さんは2人の幼い子どもの生活を心配し、面会に訪れた妻に対し、自身の取った行動についてはまったく後悔していないと話したという。

 焦霞さんは国際社会に対し、夫が受けている迫害に関心を寄せるよう訴え、夫の名誉回復と自由を取り戻せるよう支援を呼びかけている。

 
(記者・方暁、翻訳編集・叶子)


 (08/11/02 08:50)  





■関連文章
  • 口止め料受け取りに列を作る記者、中国炭鉱事故の裏(08/10/30)
  • 中国で監禁中の親の救援を求め、在日中国人女性が国会前で嘆願活動(08/10/26)
  • 「麻生首相、私の家族を助けてください」(08/10/25)
  • 中国広東省肇慶市:田畑で建設工事強制執行、暴行される農民たち(08/10/17)
  • 弱者支援の中国人権派弁護士、監禁され虐待に耐える日々(08/10/12)
  • 「十一国殤日」に迫害停止訴える(08/10/02)
  • 中共政府、セキュリティソフト・ソースコード開示を要求(08/09/25)
  • 新華社の台湾人中国参政報道、台湾政界が否定(08/09/20)
  • 独誌「フォーカス」、新華社に誹謗中傷報道の撤回求める(08/09/18)
  • NYフラッシング事件=中共工作員、自作自演の暴行罪で逮捕(08/09/14)
  • NYフラッシング事件、FBI捜査始まる(08/09/12)
  • 英国議員、北京五輪参加選手を非難(08/09/07)
  • 炭鉱爆発事故、27人死亡=遼寧省(08/09/06)
  • 中国刑務所監禁の米国人、虐待の実体験語る(08/09/05)
  • 「世界100万人署名キャンペーン」、近畿地方自治体へ結果報告・請願書提出(08/09/03)