印刷版   

民進党の蔡英文・党首(左)が記者会見で、中国当局幹部に法輪功弾圧の中止を求める意向を示した(中央社)

中国の法輪功集団弾圧は、当然中止すべきだ=台湾民進党党首

 【大紀元日本11月7日】台湾を訪問中の、中国対台湾政策の政府機構「海峡協会」(海協会)の会長・陳雲林氏について、11月5日、野党民進党の蔡英文・党首はメディアの取材で、中国当局の幹部と会えば、必ず当局の法輪功集団弾圧の停止を求めると述べ、「これは至極当然のこと」と強調した。

 法輪功は中国伝統の気功で、「真・善・忍」という理念に従い、精神を養う修煉法。健康促進に効くとしてたちまち評判になり、90年代には愛好者が急激に増えた。中国当局の統計によると、1999年7月に始まった弾圧前には、中国国内で約7千万人の愛好者がおり、共産党員とその幹部も多く含まれていた。いまは、数十万人が監禁され、大勢が拷問により死亡。一方、台湾では約50万人の愛好者がいるもよう。

 陳雲林・会長が訪れる行き先々で、台湾の法輪功学習者が弾圧の中止を求める平和的な抗議活動を行った。

 「中共を解体、迫害を中止させる」と題する法輪功学習者の記者会見では、人権弁護士・朱婉琪氏は台湾の馬英九・総統と最大野党民進党の蔡英九・党首に対し、陳雲林・会長との会談で必ず法輪功の無実と弾圧中止の意向を伝えるよう、懇願した。

 11月5日午後3時半民進党本部で開かれた記者会見で、蔡英九・党首は法輪功弾圧問題への見識を求められ、陳雲林・会長に会えば、弾圧の中止を求めるのは至極当然のことと述べた。

 
(翻訳編集・叶子)


 (08/11/07 09:06)  





■関連文章
  • 北京:ゴミ処理場悪臭問題で、官民衝突(08/10/30)
  • 中国で監禁中の親の救援を求め、在日中国人女性が国会前で嘆願活動(08/10/26)
  • 中国著名画家・范一鳴さん、北京で拘束(08/10/25)
  • 「麻生首相、私の家族を助けてください」(08/10/25)
  • 市民活動を活性化、東京・代々木で「NPOまつり」開かれる(08/10/20)
  • CIPFGアジア副団長、中国大使館前で抗議(08/10/20)
  • 弱者支援の中国人権派弁護士、監禁され虐待に耐える日々(08/10/12)
  • ドイツ政府メディア、中共擁護の副部長解任(08/10/09)
  • 台湾で偽人民元札偽造グループ摘発、偽札発見器もすり抜け?(08/10/08)
  • 中国、対米軍事交流中止(08/10/08)
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • 「十一国殤日」に迫害停止訴える(08/10/02)
  • 中国湖南省:不正融資抗議の民衆、再び抗議活動(08/10/02)
  • メラミン検出基準問題で、台湾衛生署署長辞職(08/09/28)
  • 中国軍人養成学校関係者、中共工作活動を暴露(08/09/27)