■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2008/11/html/d96414.html



地下鉄工事現場陥没、50人生き埋めに=浙江省杭州市

 【大紀元日本11月18日】中国浙江省杭州市で15日午後、建設中の地下鉄現場は重大な地面陥没事故が発生した。すでに3人の死者が出ており、18人が行方不明、19人が病院へ搬送され手当てを受けているという。

 中国大陸の報道によると、11月15日午後3時15分ごろ、杭州市蕭山区蕭山風情大道の建設中の地下鉄現場で広範囲にわたる地面陥没事故が発生した。同事故で風情大道75メータルの道路が15メータル下へ陥没、走行中の車両十数台が穴に転落し、工事現場で作業していた作業員も地下に閉じ込められた。けが人は救出後、付近の蕭山病院と武警117病院へ搬送され手当てを受けているという。

 目撃者である工事現場の作業員が、事故当時、地下では60人の作業員が作業していた。ガスのビンを手にやっと逃げだせたが、同僚はまだ穴の中にいると話している。

 事故発生後、行方不明となった作業員人数を17人と報道したが、建設側である中鉄四局の中共党委員会の責任者の話によると、現在確認されたところ、3人が死亡、18人が行方不明、19人が病院へ搬送され手当てを受けているという。

 現場にいた消防員の説明では、陥没現場の近くには小川が流れており、その河水がすぐに流れ込んできたため急いで土嚢で浸水箇所を塞ぎながら緊急廃水を行ったという。

 
(翻訳編集・坂本)