印刷版   

ワニが人を襲う事件頻発、魚の乱獲が原因か=ウガンダ

 【大紀元日本2月4日】報道によると、アフリカ・ウガンダ東部地区の湖畔では非法に漁を行ったためワニが度々人を襲い、多くの人が命を落としているという。

 政府職員の話によると、漁民が規定に違反した網で漁を行い、稚魚まで大量に捕ってしまうことからビクトリア湖の魚類は深刻なレベルにまで減少した。このため飢えたワニが沿岸住民を襲い始めたという。統計データによれば、ここ数カ月間この地区では一月に少なくとも5人がワニの餌食となり死亡しているそうだ。

 ビクトリア湖は世界第二の淡水湖で、ウガンダ、ケニア、タンザニアの東アフリカ三国が共有しており、湖畔地区の人々の水資源、食料や就業の源となっている。非法な漁を抑制するため、現在ウガンダでは専門管理委員会を成立している。

 
(翻訳・坂本)


 (09/02/04 01:45)  





■関連文章
  • ワニ200匹逃げ出しに抗議、住民千人近くがデモ=広東省珠海市(08/09/29)
  • ベトナムのワニ飼育場、洪水により数百匹が脱走(07/11/13)
  • 新唐人・新年祝賀祭:豪州紙絶賛、世界ツアー追跡報道(07/03/24)
  • 故クロコダイルハンターゆかりの豪動物園、ワニなど盗まれる(07/03/20)
  • ウガンダ:脳膜炎蔓延、少なくとも110人が死亡(07/02/26)
  • 独裁者役のF・ウィテカー、好演は「年齢と経験」と分析(07/02/08)
  • 香港製・漢方薬「ワニの乾し肉」、約9割が偽造品(06/12/04)
  • 間一髪、ワニの口から奇跡の生還(06/12/01)
  • 豪キャンベラ、カンガルーに避妊薬(06/08/23)