印刷版   

農民工の就職難:民工荒から民工慌へ

 【大紀元日本3月27日】中国官員によると、国際金融危機の衝撃の影響が最も大きかったのは、農民工であったという。現在、2000万人の農民工は就業の難題に直面している。広東においては、かつての“民工荒(荒=不足の意)”が、“民工慌(慌=パニックの意)”へと変化している。

 *職を探す農民工の感嘆:難しい!*

 VOAの報道によると、22歳の陳毅斌は、前述の失業者の大群の一人である。彼は、広東で職を探して10日目になるが、職は全く見つかっていない。求職の経歴について、彼の深い感嘆を一字で表せば、“難”の一字である。“難しいです!非常に難しいです!私は多くの人材市場に行きましたが、求職者がどこも非常に多かったです!私に選択の権利はないのですが、どうしようもありません。なぜなら、現在の市場は非常に厳しく、職探しが非常に困難になっているからです、”

  広州市人力資源市場サービスセンター主任・張宝穎によると、広州市における労働保障制度上登録されている農民工は60万人に上るという。保険業に従事していた劉さんは今年32歳で、仕事を始めて10年余りになる。彼は次のように語る“私は、以前に技術を身につけていたため、多くの場合において引っ張りだこでした。職探しの問題はあたかも存在しないかのようでしたが、今年はやや難しくなっていると感じます。”

 中国の玩具、靴、衣服及びその他商品に対する国際市場の需要は減少しているが、これが、多くの農民工の失業、帰郷の主な原因である。貴州出身の楊さんは、以前に製靴業に従事していた。が、彼によると、もとの業界に戻ることはほぼ不可能であるという。

 彼は次のように語る:“今年の職探しは、以前に比べて難しくなっています。街角を流浪する人々も増えています。私は広州に来て11年になるので、この地域については熟知しています。今回、私は浙江、温州に行って戻ってきましたが、あちらも職探しが困難です。苦役であっても私はやらなければなりません。人には食が不可欠であり、食べなければどうしようもありません。何だってします。”

 *指導者層、就業問題が社会の動乱を引き起こすことを懸念*

 広東省はかつて、“世界の工場”と称された。全国各地から来た低廉な労働力が経済を牽引していった。しかし、近年来、労働力コストの増加と労働契約法の施行に伴い、企業が廉価な労働力を雇うのはますます困難となり、“民工荒”が発生した。しかし、現在、国際金融危機の衝撃の中で、2008年において、珠海デルタで1万近くの企業が倒産し、香港メディアが伝えたように、“民工荒”が、“民工慌”に変貌した。

 中国の指導者は、企業の減産、生産停止、リストラ、閉鎖、倒産が社会の動乱を引き起こすことを懸念しており、このために多くの就業機会を創出することに努めている。なぜなら、2000万人の失業農民工のほかに、710万人の大学卒業生の就業問題を解決する必要があるからである。広東省の就業説明会においては、一部の大学生と農民工が相争って求職活動を行った。

 中国農業部副部長・危朝安によると、金融危機のもとで影響が最も大きいグループは、農民工であるという。また、彼によると、就業口が大幅に減少していることから、今年の5月、6月において、農民工への金融危機の影響の問題が、更に顕在化してくるという。

(翻訳・飛燕)

 (09/03/27 07:40)  





■関連文章
  • 危機の中にある中国:職探しに疲弊する人々(09/03/09)
  • 悪化する農民工の失業、中共政権への衝撃に(09/03/07)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)
  • 3500円で雇われ殺人(08/09/12)
  • 北京の外来民工、五輪前に整理(08/07/29)
  • 2008年中国国内失業者数、2・5億人に達する恐れ(08/07/21)
  • 中国メディア、農民工の労働実態調査を報道(07/07/13)
  • 広東省農民工死傷事件・続報、企業と現地政府の癒着、路頭に迷う農民工(07/07/04)
  • 中国広東省:未払い給与巡るストライキで暴力、農民工十数人死傷(07/07/03)
  • 中国:一人っ子政策を無視する富裕層(07/02/17)
  • 中国江西省学生暴動事件:学生暴動の背景を探る=RFA(06/11/02)
  • 中国:大学教育の盲目的発展がもたらした苦境(06/07/06)
  • 中国:大卒の就職難、3割が苦境、「ゼロ給与就職」も(06/06/05)
  • 東南アジア、女性・子供の誘拐が毎年50万人(06/05/12)
  • 中国:大学新卒者は就職難、低報酬の就労増加(06/05/10)