印刷版   

ジャッキー・チェン氏失言、奴隷根性と非難殺到

 【大紀元日本4月23日】香港のアクション俳優ジャッキー・チェン氏は4月18日、中国海南省で開かれた博鰲(ボアオ)アジアフォーラムで、「自由があり過ぎると、台湾や香港のように混乱してしまう。中国人は管理されるべきだ」と発言し、波紋を呼んだ。当局の出席者からは拍手が沸いたが、香港、台湾では非難を浴びている。

 同フォーラムには、中国当局の高層幹部らが多く出席しており、チェン氏のこの発言は満場の拍手を誘ったという。一方、香港のマスコミなどは彼のこの発言を強く非難している。

 香港公民党幹部・湯家樺氏は、チェン氏を「奴隷の根性」と非難した。

 香港の立法会議員・梁国雄氏は、「彼は人々の鮮血を用いて、中国当局を粉飾しようとしている」と指摘した。

 ある香港メディアは、一面に『成龍(ジャッキーの中国名)、この奴隷!』とのタイトルを掲げ、彼のこの発言に対する強い不満を表した。

 香港芸能界の関係者の間では、同氏の発言は不謹慎であるとの大筋の見方がある。

 香港教育界の張文光・議員は、チェン氏は中国当局の機嫌を取るために、人類の最も根本的な価値観に挑戦したが、芸能人として恥じるべきだと述べた。

 チェン氏を「観光大使」として起用している香港政府観光局の田北俊・主席は、同局がこの発言を不満に思っているとし、チェン氏の「観光大使」の降板を求める苦情があったことを認め、観光大使を代えるかどうか「改めて検討する」と述べた。

 また、同氏は、台北市聴覚障害者オリンピックのイメージキャラクターを務めているため、台湾民進党の書記長・高志鵬氏は、チェン氏は再三にわたり台湾を侮辱して、中国当局に傾いていると非難し、台北市政府に対し、同氏の解任を求めた。チェン氏は5年前、「台湾の選挙は笑い話」と発言したことがあった。

 インターネットユーザーを始め各方面から「奴隷根性だ」「台湾を侮辱している」などと反発が出ている。

 
(記者・陳佳蓉、翻訳編集・叶子)


 (09/04/23 23:18)  





■関連文章
  • 中国人権問題言及すれども、貿易関係に影響せず=カナダ国際貿易相(09/04/19)
  • チベット仏教の修行映画、シャロン・ストーンら絶賛(09/04/07)
  • 英人記者への傷害事件:中国当局、ジンバブエ大統領夫人を不起訴(09/04/04)
  • 台湾嘉義県で口蹄病発生の疑い、問題の豚を処分.(09/04/02)
  • 神韻台湾公演、大盛況のうちに終了(09/03/26)
  • 中国当局の旅行団体派遣、台湾への経済同化策略(09/03/24)
  • 前FRB議長:世界同時不況の原因は中国などの新興国にある(09/03/21)
  • 文化・メディア・法曹界関係者、中国官製メディアを非難=北京(09/03/21)
  • 神韻高雄公演「完璧の一言に尽きる」=台湾(09/03/20)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • 台湾人の香港入国拒否訴訟案最終審理、中国当局の裏ブラックリスト浮上(09/03/18)
  • 南シナ海西砂諸島に中国の監視船(09/03/16)
  • 中国両会、延べ500人強の代表欠席(09/03/14)
  • 台湾発・アロエ食品はいかがですか(09/03/09)
  • 神韻台北公演、大盛況のうちに閉幕=台湾(09/03/03)