印刷版   

人体に無害のレオウイルスがガンの幹細胞を破壊する (Getty Images)

カナダ研究チーム、無害ウイルスのガン治療効果を発見

 【大紀元日本4月19日】 最新の米国医学誌『分子治療』(Molecular Therapy)によると、人体に無害のレオウイルス(reovirus)が、ガンの幹細胞を破壊することができ、同時に人体の抗ガン免疫系に刺激し、有効にガンを抑制できることがカナダの研究者により分かった。

 レオウイルスは正常な細胞の中では増殖しないが、ガン細胞の中では急速に増殖する。細胞を破壊し、さらにレオウイルスが自ら他のガン細胞に移ることができるのを、研究者は突き止めた。

 殆どのガン研究は実験室で培養したガン細胞株を対象としているのに対し、カナダのダルハウジー大学医学部の研究チームは、患者から採取した乳がん組織の細胞を使用し、レオウイルスの抗がん作用を検証した。その結果、レオウイルス(reovirus)は、ガンの幹細胞を破壊することができ、同時に人体の抗ガン免疫系に刺激し、有効にガンを抑制できることが分かった。

 化学治療は短時間で分化の速い細胞を殺せるが、分化の遅い幹細胞にはあまり効果がない。これは、化学療法実施後に腫瘍が快速に縮小する理由であるが、幹細胞は依然人体に存在しているため、腫瘍が再び大きくなる理由でもある。

 カナダ研究チームのリパチュク氏は、ガンの幹細胞は絶えず新しいガン細胞を生成しており、ひいては少ない幹細胞でも悪性の高い腫瘍を形成することができる。しかも、このような腫瘍が化学療法や放射線治療に強い抵抗力を持っていると指摘した。

 臨床では、すでに完治したと思われるガンは、数年後再発した症例はこのような幹細胞によるものである。幹細胞は腫瘍発生の早期段階に様々ルートで、体のあっちこっちに移って潜伏するようになっており、時期がきたら、活動し始める。リパチュク氏は、「一般のガン細胞をすべて殺しても、ガンの幹細胞が残されたら、何れか再発してしまう」と説明した。

 ダルハウジー大学医学部研究チームは、レオウイルスのガンの幹細胞を破壊できる特性と、人体本来の免疫システムを利用して、有効なガン治療法の開発に計画している。

 

 
(記者・簡鴻梅、翻訳・叶子)


 (09/04/19 10:42)  





■関連文章
  • 欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く(09/04/17)
  • カナダ:訪中の貿易大臣に、法輪功弾圧問題を陳情(09/04/10)
  • カナダ元司法大臣ら、中国人権弁護士の釈放求める(09/03/06)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)
  • BBC国際世論調査:カナダ好感度急増、日本4位(09/02/08)
  • ワニが人を襲う事件頻発、魚の乱獲が原因か=ウガンダ(09/02/04)
  • 北京のリズムに合わせずに踊ろう(09/01/20)
  • カナダ元トップ・バレリーナ、神韻の魅力を語る(09/01/17)
  • カナダ・映画プロデューサー、連続5回神韻観賞(09/01/17)
  • ベテラン議員「中国古来の文化をもたらした神韻」(09/01/17)
  • カナダ国務相:正義が邪悪に勝つことは、永久不変のテーマ(09/01/14)
  • 教員スト相次ぐ、5千人抗議デモ=中国広東省(09/01/09)
  • 「困難なときこそ、希望と善が必要」-カナダ政府幹部が語る(09/01/07)
  • 『中国臓器狩り報告』著者、カナダ勲章を受章(09/01/01)
  • <改革・開放30周年>元国家主席ブレーンが語る中国・改革の終焉(08/12/22)