印刷版   

丸で囲んだ部分が地すべり現場の水譲村(大紀元)

三峡ダム区で斜面360万立方メートルの地滑りか=重慶市

 【大紀元日本4月10日】暴雨と三峡ダムの水位増減の影響で、三峡ダム地区にある重慶市雲陽県故陵鎮では総体積約360万立方メートルの斜面が長江に滑り落ちる可能性があり、長江の川面半分が塞がれると予想されている。

 調査によると、今回の地滑りは三峡ダム区雲陽県故陵鎮の長江南岸に位置する水譲村で起きており、西は37キロ離れた雲陽の新県政府所在地に及ぶ。

 重慶晩報は現地政府職員の説明を引用し、昨年11月、三峡ダム175mの蓄水試験段階で、地滑りが現れたと伝えている。

 同県地質環境監督所によると今年3月10日以来、地滑りは1日1cmの速度で移動。4月1日には重慶市の資深地質災害防止専門家・黄家瑜氏が、この地滑りは滑り落ちる寸前の状態で、ダム水位は下降と強い雨が重なる状況下、総体積360平方キロメートルの斜面が河に滑り落ちる可能性を指摘。

 「地滑りが来たら、長江の航路の半分が塞がれるでしょう」

 この政府職員によると、地滑りの危険がある斜面は長さ約300m、幅約600m、平均厚さ20m。総体積約360立方キロメートル、前方の縁の高さ150m、後方の縁の高さ301m、平均傾斜角度51度。もし地滑りが起きれば川面を塞ぎ、航行する船の安全に大きな危険を及ぼすと話している。

 
(翻訳・坂本)


 (09/04/10 10:56)  





■関連文章
  • 百歳の夫、68年の純愛(09/04/01)
  • 三峡ダム地区失業率9%超、移転者の生活水準も低下(09/03/11)
  • 未成年犯罪が激増、深刻な暴力犯罪60%超=中国重慶市(09/03/03)
  • 三峡ダムが四川大地震を引き起こした(09/02/10)
  • 中国重慶市:教員らの大規模ストライキ 参加者1万人超える(08/12/18)
  • 中国広東省:相次ぐ倒産の波、緊急事態に(08/11/14)
  • 四川大地震被災地、集中暴風雨で被害甚大(08/09/28)
  • 雲南省で地滑り発生、2人死亡9人行方不明(08/08/10)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム地区:落石事故で31人死亡(07/11/29)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)
  • 中国三峡ダムは大災難もたらす=現地政府関係者認める(07/11/24)
  • 三峡ダム危機に瀕す、政策の誤り認める=中国当局(07/10/01)
  • 「金獅子賞」映画監督・賈氏、国内検閲で難渋(07/08/20)