印刷版   

有害商品について記者会見に臨むブルガリアのEU消費者問題委員会のメグレナ・クネヴァ委員(Dominque Faget/AFP/Getty Images)

EU:有害商品の回収、6割近くが中国製

 【大紀元日本5月9日】欧州連合(EU)の消費者問題委員会は先月、商品の安全性を監視するシステムRAPEXレポートの調査結果として、人体への有害が懸念された為に回収された商品は、昨年と比べると16%増え、そのうち3分の2が中国製であることを明らかにした。

 2008年に回収されたのは1605点、通告は1866点で、最も多かったのは子供のおもちゃで、他にも自転車、ベビーウオーカー、ゆりかご、機械製品、自動車などがある。

 通告のうち909点が中国製品で、2007年度は全体の52%だったものが、2008年度には59%と増えている。当局の発表によると、この事実の背景には、中国からヨーロッパへの輸入が増えていることや、商品輸入に関して国家的圧力がかかっていることなどが要因となっている。

 「レポートは、商品の安全性についてまったく満足など出来ない事を明確に伝えています。2009年の大きな挑戦としては、ビジネスが消費者を尊重するという社会義務を継続させ、商品安全性の確認を、経済破綻の影に隠れぬようしなければならない」と同委員会メグレナ・クネヴァ委員は記者会見で述べた。

 RAPEXは、商品の安全性について加盟国間や欧州委との情報交換を迅速化し、共有するシステムで、2004年1月に施行された改正一般製品安全指令に基づいたもの。全EU加盟国が同システムに参加しており、うちドイツでの申告が一番多く(205点)続いてスペイン(163点)スロバキア(140点)ギリシャ(132点)そしてハンガリー(129点)となっている。

 (記者:ピリヨ・スヴェンソン 翻訳編集:西村)


 (09/05/09 10:23)  





■関連文章
  • 韓国:中国産濃縮スープから喘息治療剤検出、回収困難(09/04/20)
  • 中国製有毒建材、鼻血・発疹などの健康被害=米国(09/04/15)
  • インド、中国製玩具の輸入を全面禁止(09/02/14)
  • インド、半年間の中国製玩具禁輸(09/01/25)
  • サハロフ賞受賞式、胡佳氏の妻の勇気あるビデオに感動の涙(08/12/23)
  • EUに新変化、中国人権への支持強化(08/12/12)
  • 中国メラミン事件再発:EU、乳製品輸入・全面禁止(08/12/10)
  • 再び中国製有毒原料、汚染へパリン製品押収=米国(08/11/09)
  • メルケル独首相、胡佳氏「サハロフ賞」受賞歓迎示す(08/10/25)
  • 有毒粉ミルク事件の公表拒否したのは、中共幹部=フォンテラ社会長(08/10/24)
  • リプトン紅茶もメラミン検出、自主回収へ(08/10/01)
  • 中国製靴大量押収、使用禁止の発がん性物質検出=イタリア(08/09/29)
  • ベトナム:中国製の有毒牛乳18トン発見、市民に警戒呼びかけ(08/09/26)
  • 中国製ソファーで、皮膚病発症=欧州(08/09/23)
  • ブルネイ、中国乳製品の輸入を禁止(08/09/22)