印刷版   

警察隊の監視のそばで写真撮影する旅行者(GETTY IMAGES)

天安門事件20周年、六・四の北京・香港・台湾

 【大紀元日本6月6日】中国共産党政府が民主・自由を求める大学生と市民らに対する天安門大虐殺事件から20年を経た6月4日、北京天安門広場は厳しい警備が敷かれた。6月3日午後9時半から天安門広場付近が閉鎖され、6月4日朝再開されたが、外国メディアの出入りが禁止された。
6月4日、天安門広場の出入口で、観光客の荷物をチェックする警備(GETTY IMAGES)
6月4日、天安門広場で人々を監視する武装警察(GETTY IMAGES)
6月4日、天安門広場。人々を監視する私服警察ら(GETTY IMAGES)


 同日、中国大陸の最後の自由地の香港では、4日夜、15万市民が参加する天安門事件の犠牲者を追悼する恒例の集会がビクトリア公園で開かれ、一党独裁を終わらせ、「中国を救おう」と訴えた。若者が中心で、地元市民のほか、大陸からの参加者も多く見られ、1990年の初の追悼集会よりも参加者が多く、過去最高の記録となった。
6月4日夜、香港ビクトリア公園、天安門大虐殺事件中の死亡者を追悼する人々(大紀元・李明)


 一方、中国大陸との経済提携を速やかに進めている民主制度の台湾では、国民党政権の馬英九総統が同日朝プレスリリースを発表、天安門事件について感想を述べた。中共20年以来人権問題を改善していると評価したが、台湾法曹界は「失望させる発言であり危険な信号だ」と批判した。
6月3日、台湾の人権団体と中国人民主活動家が台湾中正紀念堂前の広場で天安門事件の死亡者を追悼する集会を開いた(中央社)


 
(編集報道・肖 シンリ)

 (09/06/06 09:22)  





■関連文章
  • いま新たなる決意:「六四」天安門事件20周年記念集会開催(09/06/06)
  • 六四天安門事件から20年:忘れまじ、流血の惨事(09/06/04)
  • 六四天安門事件:学生リーダー「経済発展のために人を殺してもいいのか」(09/06/04)
  • 六四天安門事件20周年、追悼白衣着用禁止(09/06/04)
  • 六四前日の天安門広場、監視強める警察(09/06/03)
  • カナダ各党派議員、中国人権侵害・公聴会開く(09/06/02)
  • 香港8千人デモ、天安門事件名誉回復を求める(09/06/01)
  • 天安門の母、今なお続く苦悩(09/05/31)
  • 【映画紹介】台湾人生(09/05/26)
  • 「六・四」天安門事件二十周年記念イベントのご案内(09/05/25)
  • 知識人よ、覚醒せよ=北京大学経済学教授(09/05/25)
  • 台湾野党60万人デモ、現政権の親中国融和政策を非難(09/05/19)
  • 北京で初の新型インフル感染者確認(09/05/18)
  • 米国防省中佐逮捕、中国当局に極秘情報提供の疑い(09/05/15)
  • 故趙紫陽・元総書記の回想録、香港で出版(09/05/15)