■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2009/06/html/d92681.html



9・11事件で活躍した救助犬トラッカーのクローン犬達と飼い主のジェームズ・サイミントンさん(GABRIEL BOUYS/AFP/Getty Images)

9・11事件で活躍した救助犬、韓国でクローン化

 【大紀元日本6月18日】米バイオ企業「バイオアーツ・インターナショナル」は6月17日、9・11事件で被災者発見に活躍した救助犬「トラッカー」の遺伝子を、韓国においてクローン技術で5匹誕生させたことを発表した。

 トラッカーの遺伝子から誕生した犬たちは2ヶ月から6ヶ月のジャーマン・シェパードで、名前はトルスト、ソラス、プロディジー、ベロール、デジャブ。韓国で黄禹錫医師によりクローン化された。

 遺伝子の元となったトラッカーは今年四月に死亡したが、飼い主の元警察官ジェームズ・サイミントンさんは「トラッカーのように人々を助けるため、クローンの子犬たちを救助犬の道へ歩ませたい」と話した。

 
(報道・飯村)