印刷版   

国際宇宙ステーションの宇宙飛行士が撮影した火山爆発。山頂から火砕流が流れているのが確認できる(NASA)

宇宙から捉えた火山爆発

 【大紀元日本7月6日】国際宇宙ステーションの宇宙飛行士が6月12日、地球上にある火山の爆発を撮影した。火山灰と蒸気が形成した巨大な柱は衝撃波を形成し、空へと立ちのぼっている。この写真を見た火山研究専門家が、火山爆発の初期段階におけるいくつかの現象を捉えたこの写真に非常に興味を持ったとNASAは伝えている。

 米科学専門サイト「ライブ・サイエンス」6月22日の掲載によると、この火山は千島列島の中部に位置する松輪島の芙蓉山で千島列島の中で最も美しいと言われている成層火山である。NASA声明では、火山から立ち上る煙の柱は褐色の火山灰と白い水蒸気で構成され、急速に立ち上っていく様は気泡を想像させると伝えられている。

 火山の爆発がもたらす衝撃波は火山灰と水蒸気の柱の周囲の大気をえぐり空洞を形成する。火山灰上部の美しい笠は普通は、吹きあがる火山灰の柱によりすぐに消されてしまう現象だが、今回の爆発ではそれがはっきり確認されるという。

 また、この写真は火山の爆発により形成される火砕流も捉えている。火砕流は高熱の火山灰と火山砕屑物が火山ガスと共に山の斜面を流れてゆく現象で、火口から噴き出した後、摂氏600度の高温で時速約130kmで流れ下り、樹木や田畑、建物などを飲み込んでゆく。

 今回の爆発は比較的大きなものだったため、この付近を航空路とする航空機は火山灰による被害を回避するため航路変更を余儀なくされた。

(翻訳編集・坂本)


 (09/07/06 10:43)  





■関連文章
  • 米元宇宙飛行士がUFO証言、極秘情報の公開を呼びかける(09/04/25)
  • 炭鉱で火薬爆発事故、18人死亡=湖南省(09/04/18)
  • インド・アッサム:3度の爆発事件発生、7人死亡(09/04/08)
  • チリ南部、ジャイマ火山噴火(09/04/07)
  • 南太平洋で海底火山が噴火(09/03/20)
  • 四川省チベット族住居区、警察交番で爆発(09/03/19)
  • 中国河南省団地爆発、死者5人負傷者100人以上(09/03/09)
  • 宇宙人はすでに地球上に生存している(09/02/25)
  • 中国山西省炭鉱でガス爆発事故、死者74人負傷者114人(09/02/24)
  • 【神伝文化】徳をもって天を敬う(09/02/24)
  • 上海市洋山深水港で爆発事故発生(09/02/09)
  • 旧正月前の上海市公安局、自爆事件発生(09/02/06)
  • 上海公安局前、爆発事件発生(09/01/27)
  • 空軍戦闘機墜落、生存者不明=中国重慶(09/01/11)
  • コスタリカでM6・1地震発生、14人死亡(09/01/10)