印刷版   

カナダのバンフ国立公園の湖畔で写真を撮ろうとした旅行客の前に現れたリスに写真の主役が奪われた(ネット写真)

シャッターチャンスにひょうきんな乱入者=カナダ国立公園

 【大紀元日本8月16日】アメリカからカナダのバンフ国立公園を旅行したメリッサ・ブランツさん夫妻が、ミネワンカ湖を訪れ、記念写真を撮ろうとして、セルフタイマーをセットしポーズを作り、いざシャッターが下りた瞬間に、ひょうきん者が乱入して、写真の主役を奪った。

 メリッサさんによると、今年の5月に夫と2人でカナディアン・ロッキー南部のバンフ国立公園を旅行した時に、「岩にカメラを置いて、セルフタイマーをセットした。リスはタイマーの音に興味を持ったみたいで、そのままフォーカスの中に入ってしまった」と話した。

 メリッサさんは、「本当に滅多にないチャンスで、2人でこの写真を何日も見て笑っていたよ」と語った。ブランツ夫妻はのち、この写真をアメリカのナショナル・ジオグラフィックのサイトの写真コンテストに参加し、8月7日に写真が公開された。1週間も経たない内にインターネット利用者の間で一世を風靡した。

 経済の不景気の影響で、カナダ・バンフ国立公園を訪ねる旅行客は減っていたが、この写真のお陰で、バンフ国立公園に興味津々の世界各地の旅行客が増えたことから、地元の旅行関係者らはあいた口がふさがらないようだ。

(翻訳編集・豊山)


 (09/08/16 11:16)  





■関連文章
  • トヨタ、カナダでの自動車生産台数第1位に(09/08/04)
  • 銃殺刑廃止 毒物注射処刑拡大か?=中国(09/07/30)
  • 新疆ウイグル事件:新華社ネットによる写真のねつ造(09/07/07)
  • 天皇、皇后両陛下、カナダと米ハワイへ外遊(09/07/04)
  • 米大陸ヒューロン湖、湖底より人類活動の遺跡発見(09/06/16)
  • 【バンクーバー通信】日加修好80周年記念、バンクーバー市役所に日本庭園(09/06/13)
  • カナダ各党派議員、中国人権侵害・公聴会開く(09/06/02)
  • 脳の不思議:ボーっとしている時ほど、直観に優れる?(09/05/29)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 中国人権問題言及すれども、貿易関係に影響せず=カナダ国際貿易相(09/04/19)
  • カナダ研究チーム、無害ウイルスのガン治療効果を発見(09/04/19)
  • 欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く(09/04/17)
  • 天皇皇后ご成婚50周年記念、各地で記念イベント(09/04/13)
  • カナダ:訪中の貿易大臣に、法輪功弾圧問題を陳情(09/04/10)
  • 第2回大紀元国際フォトコンテストのご案内(再掲)(09/03/28)