印刷版   

道端の床屋で新生児の髪を刈ってもらう母親。写真は本文とは関係ありません。(AFP)

障害新生児が急増 環境汚染の影響か=中国

 【大紀元日本9月17日】北京市衛生局の発表によると、過去10年間で、先天異常を持つ新生児の誕生率が北京市で倍増していることが分かった。原因究明が進められる中、女性の晩婚化や環境汚染との関連が指摘されている。中国国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が15日、伝えた。

 衛生局の発表によると、北京市では昨年、障害を持つ新生児は1万人あたり170人で、1997年の90人から大幅に増加しているという。

 衛生局の関係者は、先天異常発生率の増加について「医療の発達により、早期の診断が可能になったことや、女性の晩婚化が挙げられる」と話す。

 一方、中国「財経」誌は、環境汚染が主な原因であると伝えている。北京大学医学部教授・任愛国氏は「化学物質や有毒廃棄物が両親の身体に影響するため、胎児への影響も大きいと考えられる」と話す。

 同雑誌によると、 先天異常を持つ新生児は、浙江省で2003年に1万人あたり115人だったが、4年後の2007年には208人に増加し、湖南省では、2001年には1万人あたり91人だったのが、5年後には166人に増加している。また、広東省では2003年に1万人あたり186人から、4年間で249人に急増している。

 毎年中国で生まれる2000万人の新生児のうち4~6%に先天異常がみられ、他国の3~4%と比べて高い数字となっている。

(翻訳編集・張心明)

 (09/09/17 05:00)  





■関連文章
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 深刻な環境汚染、身体に欠陥のある乳児が激増=中国(09/02/03)
  • 農民環境保護活動家が温家宝総理を告訴、北京市裁判所受理せず(08/11/14)
  • 贅沢な北京五輪、周囲の農村は極度の水不足(08/08/21)
  • 大雨後、河川が真っ赤に変色=中国広州市(08/08/08)
  • 朝食抜きの妊婦は、女児を産みやすい(08/05/10)
  • 中国のCO2排出量、過去の予測より最悪=米研究(08/04/21)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(7)~最終回~(08/02/06)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(6)(08/02/05)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(5)(08/02/04)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(4)(08/02/03)
  • 中国製食品による深刻な健康被害=驚愕の中国製有毒食品の実態(3)(08/02/02)
  • 出産経験女性が乳がんに罹りにくい原因を究明=米最新研究(07/10/10)
  • 中国、下期にエネルギー集約型産業などの成長を抑制へ(07/07/25)
  • 100万分の1の奇跡、肌の色が違う双子が1歳に=英国(07/07/08)