印刷版   

1989年「六四天安門事件」で、体を張って戦車の進行を阻止しようとした王維林さん(ネット写真)

「六四天安門事件」、真実の写真がネットで大反響=中国

 【大紀元日本9月4日】1989年「六四天安門事件」で、体を張って戦車の進行を阻止しようとした後、行方不明になった王維林さんの写真が、中国騰訊ネットの「建国六十年、民間ファイル応募集」のサイトに掲載されていた。中国政権の武力行使の象徴であるこの写真は、その後削除された。騰訊ネットは中国国内にあるポータルサイトの中で、もっとも利用者の多いネットサイトである。

 中国共産党(中共)は執政60周年を迎えるにあたり、中共の宣伝部は世論への制御を強化している。その中で、8月30日午後、中国騰訊ネットで六四天安門事件に関連する、戦車を阻止する「発禁」写真が掲載された。この写真は騰訊ネット上ではわずか1~2時間の掲載だったが、ネット利用者らはそれをTwitterに転載し、短時間でアクセス数が急増した。

 騰訊ネット側は事の重大さに気づき、写真を取り下げ、掲載した「建国六十年、民間ファイル応募集」のサイトも同日夜に閉鎖した。

 中国で利用者がもっとも多いポータルサイトで、中共にとって「敏感極まる」写真が掲載されたこと自体がネット利用者の間で諸説紛々となった。北京の某ネットサイト編集者によると、大陸のネットに掲載される写真・文章はすべて、事前に審査を受ける必要があるという。今回の場合、中共主管部門はネットサイトに罰金を課するほか、編集者は即刻解雇になる可能性が強いとしている。

 2年前、六四天安門事件の18年目を迎えた際には、『成都晩報』の広告欄に「確固たる意志を貫いた犠牲者の母親たちを敬おう」という広告が掲載されたことで、同件にかかわった7人が新聞社から解雇され、広告会社の社長も始末書を書かされている。

(翻訳編集・余靜)

 (09/09/04 02:37)  





■関連文章
  • 四川大地震の校舎建築欠陥を追及した作家、逮捕起訴される(09/08/08)
  • 「六四天安門事件」記事で記者が解雇、報道の自由が揺らぐ=香港(09/08/04)
  • 欧州議会議長、中国民衆の共産党離脱ブームを評価(09/07/31)
  • 広州市:テレビで六四など禁止情報放送、中央から懲罰(09/06/23)
  • 天安門虐殺・責任者2人危篤、市民は祝賀の爆竹を準備(09/06/15)
  • 天安門事件20周年、香港で15万人追悼集会(09/06/06)
  • 天安門事件20周年、六・四の北京・香港・台湾(09/06/06)
  • いま新たなる決意:「六四」天安門事件20周年記念集会開催(09/06/06)
  • 六四天安門事件から20年:忘れまじ、流血の惨事(09/06/04)
  • 六四天安門事件:学生リーダー「経済発展のために人を殺してもいいのか」(09/06/04)
  • 六四天安門事件20周年、追悼白衣着用禁止(09/06/04)
  • 六四前日の天安門広場、監視強める警察(09/06/03)
  • 香港8千人デモ、天安門事件名誉回復を求める(09/06/01)
  • 天安門の母、今なお続く苦悩(09/05/31)
  • 故趙紫陽・元総書記の回想録、香港で出版(09/05/15)