印刷版   

(写真:明心ネットより)

「意気に感じる」人生のパートナー

 【大紀元日本10月11日】唐の第2代皇帝・太宗の言葉に、「銅を鏡にすれば身だしなみを正す事ができる。歴史を鏡にすれば世の動きを見る事ができる。人を鏡にすれば自分の長所や欠点を知ることができる」というのがある。太宗が厚く信頼していた名臣・魏徴(ぎちょう)の死に際し、「貴重な鏡を失ってしまった」と嘆き哀しんで語った。

 唐王朝初期の「貞観の治(627年-649年)」は、中国史上最も良く国内が治まった時代と言われ、理想の政治とされている。太宗と魏徴の問答を多く収めた『貞観政要』は、後世の政治の手本となった名書で、徳川家康も好んで読んだと言われている。

 魏徴は、日本でも有名な詩「人生意気に感ず、功名誰かまた論ぜん(人生は人間同士の意気に感じて事を為す。功名などは問題ではない)」を残している。魏徴は元々、太宗の兄に仕え太宗暗殺を勧めていた。にもかかわらず、後に自分の真価を認めてくれた太宗のため、時には死をも恐れず、また時には堂々と意見し、誠心誠意仕えた。太宗もこれをよく聞き入れ、魏徴の人柄に惚れ込み、両者の間には強い絆が結ばれた。

 意気に感じる人生のパートナーは、私達の人生の中で不可欠な存在である。魔法の鏡のように、自分の欠点を映し出し、誤りを指摘し、人生の多くの道理を教えてくれる。そのパートナーは、友達であるかもしれず、妻や夫、部下であるかもしれない。

 人生という旅の中で、さまざまな人に出会う。その一人ひとりをよく観察すると、それぞれが素晴らしいものを持っていて、時には自分の手本となることもある。それらを鏡とすることで、自分の欠点を見つけることができるし、違った考え方も学ぶことができる。

 「相識満天下 知心能幾人(知り合いは天下にたくさんいても、心を分かり合える相手は、いったい何人いるのか)」ということわざがある。自分の長所を大切にし、欠点を教えてくれ、共に困難を乗り越えられるパートナーこそ貴重な鏡である。

(翻訳編集・心音)


 (09/10/11 05:00)  





■関連文章
  • あなたは主人を失敗させた女か?(1)(09/09/22)
  • 武の徳を論じる(09/07/31)
  • 【映画紹介】台湾人生(09/05/26)
  • 書道を愛した賢明な指導者-唐の太宗(09/05/13)
  • 【中国伝統文化】誤りから学ぶ(09/01/01)
  • オフィス開運風水:床まで届く大型の窓は、デスク近くを避ける(08/12/05)
  • 中国「神舟7号」:宇宙遊泳映像に疑惑、水中撮影の可能性(08/10/05)
  • 避妊薬は女性にパートナーの選択を誤らせる?=英国(08/08/15)
  • 【ショートストーリー】深く根が広がれば、丈夫な木が育つ(08/05/02)
  • 【歴史故事】唐太宗:ムチ打ちの刑を禁止する(08/04/26)
  • 正当性の点では、買収防衛策発動の条件整う=サッポロHD特別委(08/02/05)
  • 【エッセー】目に見えない優しさ(07/09/29)
  • 七夕空にミステリー(07/07/06)
  • 諸葛亮の青年期「指導者の品格」(07/03/08)
  • 北朝鮮難民救援基金「救援グループJYO」、咸鏡北道で支援活動(07/02/24)