印刷版   

北京(FREDERIC J.BROWN/AFP/Getty Images)

中国GDP8・9%増、その真偽は?

 【大紀元日本10月30日】22日、中国共産党政権は第3四半期の国内総生産の伸び率を前年同期比8・9%増と発表。国家統計局も今年1~9月の国内総生産(GDP)を21兆7,817億元(約289兆6,966億円)、前年同期比7・7%増と発表した。

 中国政府側の統計によると、今年第1四半期のGDPの伸び率は前年同期比で6・1%に減少したが、第2四半期には7・9%まで回復したという。政府側は目標に掲げる、通年での前年比8%成長について「懸念なし」と自信を見せている。

 しかし、国外ではこの成長に疑問を持つ声が多い。世界を驚かせた中国の自動車産業の売上高の背後には、中央政府官員が国有企業に自動車を大量に買い溜めするように命じた事実が報道されている。これらの自動車は全国各地の駐車場に放置されている。

 中共政府は、統計を出す際、生産されたが売却されていない商品も売上高に計上する。つまり、売れたはずの商品が、倉庫に保管されている。

 中共政府政治局の要求を満たすために、各地の統計データも、求められる数字に合わせて偽造され、誇張されている。当局がコントロールする株式市場と不動産市場も上昇する一方だ。成長の裏では、バブルの崩壊が懸念されている。

(翻訳編集・楊J)


 (09/10/30 06:34)  





■関連文章
  • 明日の中国に起こりうる革命(09/10/27)
  • 台湾大陸委員会、中国の雇用率統計に疑義(09/09/28)
  • 温首相、8月の景気回復基調に慎重論(09/09/14)
  • 中国のGDPが日本を超えるという狂言について(09/08/23)
  • 北京学者: 中国経済が直面する7つの難題(09/08/21)
  • 中央政府、江沢民主義を清算開始か(09/08/21)
  • 第2四半期のGDP、0.9%成長=5四半期ぶりのプラス成長(09/08/19)
  • 銀行ローン貸出残高拡大、不良債権とバブル化懸念=中国(09/08/18)
  • 政府、債務を大幅隠ぺい 実質はGDPの6割か=中国(09/08/08)
  • 中央と地方の公表値に19兆円の差、中国GDP成長率、水増しの疑い(09/08/07)
  • 平均年収の差が55倍に、中国、貧富格差が拡大(09/08/01)
  • 中国:電力消費急減で鉱工業生産上昇の矛盾(09/06/13)
  • 国際経済学者:中国のGDP伸び率はほぼ0%近い、政府は中国経済の実態を隠蔽(09/02/19)
  • 全面的に悪化する中国経済、成長モデルの維持は困難(09/02/10)
  • 中国=11月輸出高、7年ぶり減少(08/12/21)