■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2009/10/html/d24680.html



09年「報道の自由」ランキング 日本17位、中国は下から8位

 【大紀元日本10月22日】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)は20日、本年度の世界の「報道の自由」ランキングを発表した。175カ国のうち、中国は168位で、昨年よりさらに後退。日本は昨年の29位から17位に上昇。北朝鮮は174位。

 同組織は毎年、世界各国の数百人の記者、メディア専門家を対象に、40項目の設問を盛り込んだアンケート調査を行い、それに基づいて同ランキングを集計している。

 上位13位は全て欧州諸国が占め、特に報道の自由度が高かったのは、デンマーク、フィンランド、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン。しかし、フランス、イタリアなどの順位は毎年下がっており、国境なき記者団のジュリアード事務局長は、「これまで規範となってきた欧州において、報道の自由が後退し続けている」と憂慮を示した。

 オバマ大統領のメディアへの友好姿勢が評価されたためか、米国は昨年の40位から20位に上昇した。

 上位の欧州に続き、日本は「ジャーナリストを狙った暴力事件がなかった」などの理由から、29位から17位に上昇し、15位のニュージーランド、16位のオーストラリアと並んで、アジア太平洋地区の上位を占めた。

 アジアの民主国家と対照的に、独裁政権国はアジア地区のメディア自由度上昇への障害となっていると、国境なき記者団は指摘する。

 今月北京で、世界のメディア大手を招き、世界メディアサミットを主催したばかりの中国は、北朝鮮、イラン、ミャンマーなどと肩を並べ、下から8位で、昨年よりもランキングを下げた。ネット監視の悪化と今年多発したチベット、新疆地区での記者監禁事件がその原因とされている。

 ベトナムも中国と同様の理由で166位となっている。一党独裁のベトナム当局は、中国との関係に配慮して、ブログライターや自由言論の提唱者を弾圧のターゲットにしているという。

 北朝鮮は174位で、下から2位となっている。

(翻訳編集・叶子)