■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d16839.html



(NASA via Getty Images)
 

宇宙初のホテル、2012年にスタート

 【大紀元日本11月4日】

 2007年にプロジェクトが発足された、世界初となる宇宙ホテル「Galactic Suite(ギャラクティック・スイーツ)」は、2012年の開業に向け着々と準備が進められているという。2日、ロイターが報道した。

 ある富豪から30億ドル(約2千700億円)の出資を受けたというこの巨大プロジェクトは、バルセロナを拠点とする建築家らによって進められており、現実味を帯び始めた。

 地上450キロまで打ち上げられる宇宙ホテルは80分で地球を一周し、毎日15回の日の出を楽しむことができる。宿泊客は特製スーツを身に着け、無重力状態でふわふわ浮いたり、スパイダーマンのように壁や窓に吸い付いたりしながら歩き回ることもできるという。プロジェクトの責任者であるザビエル・クララムント(Xavier Claramunt)氏は、「15年以内に、子どもたちが宇宙で週末を過ごすようになると考えるのはごく自然のこと」と語る。

 この夢物語のようなホテルの宿泊費は3泊で440万ドル(約4億円)、南洋諸島での8週間の訓練費用も含まれている。現時点で、少なくとも43人がすでに予約をしているという。

(翻訳編集・山本)