印刷版   

古時計はもう要らない(Kevin Lee/Newsmakers)

朝に弱い人、iPhoneアプリで目覚めスッキリ!

 【大紀元日本12月21日】

 日に日に寒さが厳しくなり、暖かいお布団がますます恋しくなるこの季節。せっかく目覚ましのアラームを設定しても、ついつい2度寝、3度寝してしまう経験ってありませんか?朝に弱い人、スッキリ目覚めたい人には、iPhoneの「Sleep・Cycle・alarm・clock」というアプリが助っ人になってくれるかもしれない。

 このアプリは、iPhoneが備えている加速度センサーを利用し、人間の眠りが浅くなる(レム睡眠状態に入る)と寝返りを打ったり、動き回ったりする特性を活かし、目覚ましの予定時刻にもっとも近い、眠りが浅くなったタイミングを見計らって、優しいアラームを鳴らし、利用者が心地よくスッキリと目覚められるという優れもの。

 115円で入手できるこのアプリは、多くのユーザーからは、「スカッ!と目覚められた」という嬉しい声がたくさん聞かれる。ただし、言うまでもないことだと思いますが、このアプリによって全てが解消されるわけではありません。「スッキリ目覚める」と言っても、程度問題です。朝がつらい人は、それなりに睡眠時間を必要としていますので、「昼間に眠気が襲ってくる」という不満の声も上がっている。医者も「睡眠サイクルはそんなに簡単に判るものではない」と冷ややかな反応である。

 効果はどうであれ、なんだかワクワクするアプリではないか。

(翻訳編集・心明)


 (09/12/21 05:00)  





■関連文章
  • iPhone爆発事故2度目、所有者が負傷=フランス(09/08/27)
  • 米国、大学教科書はiPhone iPodで(09/08/17)
  • アップルが最高値更新、iPhone販売好調期待で=米株市場(07/07/06)
  • iPhone、発売開始からの販売数は52万5000台(07/07/03)
  • 米アップルの「iPhone」、ほぼ全店舗で完売=AT&T(07/07/01)
  • 米アップル、iPod機能搭載携帯電話「iPhone」発表(07/01/10)