■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d19011.html



3歳のホッキョクグマが雪の上に横たわったり、転がったりして楽しそうに遊んでいる(Getty Images)

ベルリン動物園人気者 ホッキョクグマ雪で大喜び

 【大紀元日本1月20日】

 今年のヨーロッパは寒冷に見舞われ、各地で大雪が降る非常に寒い冬を迎えている。人々は外に出たがらないが、ベルリン動物園の人気者・ホッキョクグマの「カヌト」は大喜びだ。ホッキョクグマは厚い脂肪と暖かい毛皮が身に付いているため、マイナスの気温の中でも快適に過ごすことができる。さらに、足の底にふわふわする毛がいっぱいあることから、昼も夜も全く寒さを感じないで雪の中で思う存分遊ぶことができるのだ。

3歳のホッキョクグマが楽しそうに雪の中を転がって遊んでいる(Getty Images)

3歳のホッキョクグマが楽しそうに雪の中を転がって遊んでいる(Getty Images)

雪の降る寒い中でも全然平気なホッキョクグマ(Getty Images)

雪の降る寒い中でも全然平気なホッキョクグマ(Getty Images)

さて、冷たい氷を舐めてすっきりしよう(Getty Images)

仲良くじゃれあうホッキョクグマ(Getty Images)

仲良くじゃれあうホッキョクグマ(Getty Images)

(翻訳編集・豊山)