■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/02/html/d88046.html



中国政府の統計によると、今年大学を卒業する予定の学生は昨年より19万人多い630万人。写真は、昨年2月に行われた西安市の就職説明会(China Photos/Getty Images)

今年の新卒630万人、雇用は依然として厳しい=中国

 【大紀元日本2月18日】中国政府の統計によると、今年卒業を予定している大学生は630万人を超える。昨年の新卒611万人より19万人多く、学生たちの就職は依然として厳しい状況だ。

 「済南日報」の報道によると、中国の大学卒業生は、2000年:107万人、01年:114万人、02年:145万人、03年:212万人と増え、その後毎年平均50万人~60万人のペースで増加した。

 中国人力資源・社会保障部によると、09年の大卒者の就業率は87%だったが、今年は年末の時点で80%以上になるよう努力したいという。しかし、雇用会社のレベルや卒業生の数の多さなどを考慮すれば、このような目標を実現することは難しく、依然として就職難は続くとみられている。

(翻訳編集・坂本)