■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2010/02/html/d93894.html



浅田真央(Matthew Stockman/Getty Images)

【フォトニュース】女子初トリプルアクセル成功の真央2位、歴代最高得点のキムヨナ1位

 【大紀元日本2月25日】日本の舞姫は可憐に、韓国の妖精は艶やかにバンクーバーの氷上を舞う。バンクーバー冬季五輪第12日の24日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)が行われた。浅田真央(中京大)は五輪の女子SP史上初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ2位となった。
1位は韓国のキムヨナで、78・50点という世界歴代最高得点を更新させた。

 
キムヨナ(YURI KADOBNOV/AFP/Getty Images)

3位につけたのは、21日に母親が急死したカナダのジョアニー・ロシェットで、71・36点。続いて4位は64・76点の安藤美姫(トヨタ自動車)となった。

(飯村)