THE EPOCH TIMES
日本からの視点

コラム:なぜ中国人の道徳レベルは低いのか

2017年05月03日 07時00分

 最近『いつまでも中国人に騙される日本人』という本を読んだ。本は元通訳捜査官の坂東忠信氏が書いたもので、彼は7年間に通訳した1400以上の中国人犯罪の案件を整理し、この本を出版したという。本には窃盗、売春、密航、偽装結婚、偽装残留孤児などに関わった中国人犯罪者の様子が、目の前に浮かんでいるかのように面白く、生々しく書かれている。しかも、坂東氏は中国人による犯罪が発生する原因についても徹底的に分析した。

道徳レベルの低さでもたらされる中国人犯罪

 坂東氏が書いているものは、すべて真実だと私は思う。そして、坂東氏は、書き出した内容は彼自身が把握している案件の「氷山の一角」に過ぎないと書いているが、この話も私は信じている。私は中国出身者として、坂東氏が道徳という高いレベルで中国人犯罪の原因について分析し、中国人の道徳レベルが低いことが犯罪の原因だと指摘してくれたことに、感謝したい。

 私が日本に来てから15年経った。全体的に言えば、中国人は日本人より確かに道徳レベルが低く、しかも、一部の中国人の行為はすでに人間の行為とは言えないほど低いということに気が付いた。例えば、坂東氏の本に書かれている自殺演出、発狂演技、取り調べ中の脱糞。さらには、コンテナに潜入した密航者夫婦の妻がコンテナから飛び降りる際に両足を骨折し、入院して数百万円の医療費を使ったという案件。逃げた夫が妻の見舞いに病院を訪れ、病院から出た後に交通事故で亡くなったが、それでも妻は密航を認めないという。彼らの行為は、すでに人間の行為とは言い難い。

 実は、中国ではこのような犯罪事例があまりにも多すぎて、私が自ら遭遇した例も少なくない。ここで、いくつか例かを挙げる。

2004年、中国の警察は安徽省で自転車窃盗グループを逮捕(China Photos/Getty Images)

悪びれない窃盗グループ 警官もグル

 列車(電車)の中には窃盗グループがたくさんいる。窃盗といえども実は強盗であり、公に強奪する。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^