"Emperor Yao" by Ma Lin - National Palace Museum

「皇」 「帝」 「王」 の称号の意味

人類の歴史上、一国の君主に対する称号は天、国など種々あるが、これらの呼称に意味の違いはあるのだろうか。 古代中国の三時代、君主の称号は厳格に区分されていた。称号には、君主の精神的な境地と国を治める理念が含まれていたのである。

時代とともに変遷する称号

 古代の中国文化は「神伝文化」と言われる。神が人間に文化を教え、その生活様式を定めた。人間社会の君主は天、天、天、天子と称され、神の代わりに人間社会を管理する者だと考えられていた。時代とともに君主の精神的境地と国を治める方法が変化し、それに伴い、その称号も変わっていったようである。

 今期の人類史上、伏羲(ふっき・ふくぎ)氏、神農(しんのう)氏、燧人(すいじん)氏という三が、中国で最初に現れた。この時期、三は「無為而治」(人為的なことは必要とせず、天下は自ら太平を保つ)の原則に従って国を治めていた。その後に五の時代に入り、黄(こうてい)、顓頊(せんぎょく)、嚳(ていこく)、尭(ぎょう)、舜(しゅん)という五が現れ、彼らは「道徳」を以て国を治めた。更にその後、夏、殷商、周という三の時代になり、彼らは「仁義」を以て国を治めた。更にその後の春秋時代では、春秋の五覇である齊の桓公(かんこう)、晋の文公(ぶんこう)、宋の襄公(じょうこう)、秦の穆公(ぼくこう)、楚の庄(そうおう)は「信義」を以て世を治め、武力で覇主を争った。しかし、秦の始(しこう)は中国を統一した後、を合わせて自らを「」と呼ばせるようになり、更に漢の高祖(こうそ)劉邦(りゅうび)の時代からは、朝の功労者やの子供たちに「」という称号を封じるようになった。こうしてという称号は本来の意味が無くなり、ただの最高権力者を意味する言葉に変わったのである。

治世

 は天とも言う。春秋時代の古書『管子』に、は「明一者」と記されている。つまり、と称される君主は「天人合一(てんじんごういつ)」の理を心得ており、「人間の万物は天の理に従って存在している。敢えて何かをしなくても、すべてこの天の理に従って動けば、自ら治めることができる」という理が分かっていたため、「無為而治」の原則で国を治めていた。

 その時代の人々は洞穴に住み、動物の毛皮を衣にし、湧水を飲み、恵まれた自然条件を利用して生活していた。みなが純朴な心を持ち、互いに争うことも、管理される必要もなく、天の存在意義はただ生活の知識や文化を民に教えるだけであった。

 『尚書大転』の中にこのような記述がある。「燧人氏は、木を摩擦して火を起こす方法、食品の加熱法を民に教え、人々に光明をもたらし、天と称された。伏羲氏は天象を観察し、地理を調べ、八卦を作り、天地人の変化の規則や、網を結んで魚を取る方法を民に教え、人と称された。神農氏は農具を作り、農耕の方法を民に教え、地と称された」

治世

 の次の称号であり、天とも言う。は「道徳」を以て国を治め、民を自分の子供のように遇する君主である。後漢の史官である班固(はんこ・32-92年)は『白虎通義(びゃっこつうぎ)』の中で、に関して次のように記した。「道徳観念が天地の法則に合う者はと称され、仁義に合う者はと称されるので、優劣の違いがある」

 は天下の民を導く心があるが、天下の民を自分の私物にする心はなく、朝国家の概念もない。高い道徳的境地を有するは天地の法則に従って民を教化し、正しい道に民を導くことを自分の責務とした。

 三治世は天道(天の理)に従って行なわれ、五治世は聖人の道に従って行なわれた。つまり聖人たちは、悟った天の理に従って行なったわけである。故に五の時代にはすでに善悪の区別があり、基本的な刑罰制度、強制する規定などが定められた。この時期は三時代の“普遍的な無私”に比べ、人々の精神的境地はかなり下がった。故に老子は「道(どう)を失ったあと、徳を大事にする」と言った。

治世

 の次の称号で、天子とも言う。『白虎通義』でのに対する解釈は、「は天命を受けて天下の民を有し、天の代わりに庶民を管理する権限を授けられており、は天の子供(天子)と見なされて、天に加護されている」とされている。

 は「仁義」を以て国を治めた。仁は仁愛の心で善いことを奨励し、義は義理に従って悪いことを罰する。これがいわゆる道である。

 は天子として、何らかの方法で自分の行ったことが天道(天の理)に従っていることを示さなければならないが、はその必要はない。彼らの行為は常に天道に合致しているからである。

 故にの時代はの時代より更に精神的境地が低下したと言える。老子の言葉で言えば、「徳を失った後、仁を大事にする」というわけである。

 後世の者はたとえと呼ばれていても、その徳を持っていなければ、それはただの名目に過ぎなかった。歴代にも名君がいるが、彼らはやはり徳を以て世を治めたのである。

徳を以て国を治める

 今の人々は、現代社会は古代より進歩したと思っているが、果たしてそうだろうか。

 現代の人類は本当の神の教えがすでに分からなくなり、神の存在さえ信じない人も少なくない。故に人々は天道に従わないばかりか人道にも背くようになり、互いに争い、戦うことを当たり前とし、徳の有無などに関心もなく、金銭と権力を崇拝の対象にしている。生活の中の不平、不満が多く、不安の要素は社会全体に充満している。この状態が、本当に人間の求めている幸せな社会なのだろうか。

 人間の長い歴史から見れば、徳を大事にすることこそ人類社会の正しい道である。君主として徳を以て国を治めてこそ、人々に安定した幸せな生活を与えることができるのだ。
 

(文・啓明)