大紀元時報
トップ ぶり返し
ぶり返し
大紀元が入手した内部文書によると、北京と河北省は、ウイルス感染第2波を隠蔽している(GettyImages)
2020.07.03
<独自>北京と河北省、ウイルス感染状況を隠蔽か 内部文書を入手

このほど、大紀元は、中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)患者を治療するための北京市内で唯一指定された病院から内部文書を入手した。それによると、北京...

深センの繊維工場で作業する女性作業員、参考写真(Getty Images)
2020.04.10
欧州の軋轢を利用しマスク外交で肥える中共 マスクだけで輸出収入1190億円

中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)が世界的に流行し、各国が対応に追われる緊急時のなか、中国共産党政権は体制維持のための利益を探っている。軍との繋...

4月1日、閑散とした北京の観光地の様子(GettyImages)
2020.04.03
「中国ウイルスではなく中共ウイルス」イタリア人専門家が呼び掛け

「中国ウイルスではなく中共ウイルスと呼んで欲しい」と、イタリア人ジャーナリストのマルコ・レスピンティ(Marco Respinti)氏は、現地紙「レテ・リベラーレ...

3月30日、武漢市内の薬局で防護服を付けて接客する従業員(GettyImages)
2020.03.31
評論
世界を感染させ、嘘をついてアメリカを非難する中国=ギングリッチ元米下院議長

米国の元下院議長で大学教授ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏はこのほど、自身のホームページで、ウイルス感染症の世界的蔓延を中国共産党政権の隠ぺ...

3月23日、漢口葬儀場に集まる人々(jenniferatntd)
2020.03.27
武漢の葬儀場に長蛇の列 一日500個の骨壺を引き渡し

中国湖北省武漢では、中共ウイルス(武漢ウイルス、COVID-19)の流行で死亡した人々を火葬した葬儀場に、遺骨の引き取りのために集まった親族による長蛇の列ができて...

大紀元が情報提供を受けた、武漢市内の隔離施設になっている刑務所のデータ。被験者は「匿名」扱いになっている(大紀元)
2020.03.25
<独自>武漢市の不可解なPCR検査 一部患者を無名氏扱い

このほど、大紀元が入手した武漢市内の刑務所資料では、中共ウイルス(COVID-19)の感染を検査するPCR法を毎日3000人に行っていることが分かった。しかし、3...

新型肺炎の世界的な流行に繋がったとして、中国側の失策を問責する決議案を作成、提出したジム・バンクス議員(Epoch TImes)
2020.03.25
米超党派議員、伝染病対応の失策で中国に賠償求める議案を提出

米下院では3月24日、中国の中共ウイルス(新型コロナウイルス)の対応の誤りで世界に流行が拡大したことを非難する決議案が提出された。同日、上院では、中国が発信する「...

駐米中国大使・崔天凱氏(CHRIS KLEPONIS/AFP via Getty Images)
2020.03.24
駐米中国大使、「米軍ウイルス拡散説」を否定 内部で意見対立か

中国外務省の趙堅立報道官がソーシャルサイトで発した、「米軍ウイルス拡散説」に、米国をはじめ多くの海外メディアが疑問を呈した。これについて、駐米中国大使も真向から反...

中共ウイルスのパンデミックでグローバル化が終焉=専門家(GettyImages)
2020.03.24
評論
中共ウイルスのパンデミック、終わるグローバル化=専門家

中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)がパンデミックを迎えてから、世界のビジネスパーソンは、グローバル経済による弊害を味わっている。自動車、機械、製薬に至るまで、...

瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか
2020.03.23
瀋陽のレストラン、日本と米国の「疫病を歓迎」政府公認プロパガンダか

中国遼寧省瀋陽市にあるレストランは、米国と日本の中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)流行について「疫病が長く続くように」と書かれたスローガンを掲載した。ネッ...

独デュッセルドルフで、マスクをして歩く2人。参考写真(GettyImages)
2020.03.23
中共ウイルスの6つの特徴「ぶり返しや慢性化も」疫学専門家インタビュー

北京の元感染症医師でヨーロッパの疫学専門家である董宇紅博士は、3月16日、大紀元の独占インタビューに応じた。猛威を振るう中共ウイルス(武漢肺炎、COVID-19)...

中国外交官、ツイッターやフェイスブックに相次ぎ参加。 海外情報戦略を強化(GettyImages)
2020.03.23
米2議員、ツイッター社に共産党幹部の参加禁止求める 偽情報拡散を問題視

米連邦議会の2議員は3月20日、中共ウイルス(武漢肺炎)に関する多くの中国政府や官製メディアの偽りの情報が急増しているとして、ソーシャルサイトに対して、中国共産党...

台湾海上保安庁の船に相次ぎ衝突する中国「漁船」のスピードボート(スクリーンショット)
2020.03.22
台湾船に組織的に衝突する十数隻の中国漁船 「民兵」を疑う声

台湾の市民ジャーナリスト組織によると、3月19日、兵士が操作していると疑われる小型スピードボート十数隻が、台湾の金門海域で海上巡視船に追突したり、包囲したりした。...

中国本土、今年1月2月で携帯電話の契約数が1447万件も減少 中共肺炎と関係か(中国移動の携帯電話契約数グラフ スクリーンショット)
2020.03.21
中国通信3大手、今年1月2月で携帯電話の契約数が1447万件も減少 憶測飛び交う

近年急速に発展する中国の通信業界だが、このほど3大手は2020年1月から2月の2カ月間で、本土の契約者数を約14470万件あまり減少させていることが分かった。急激...

photoAC
2020.03.05
中共肺炎
中共ウイルス 陽性反応がぶり返す理由

中共ウイルス(新型コロナウイルス)にかかった大阪の女性が治療を経て退院後、再び陽性反応が出たとの報道があった。中国でも同じ症例が報告されている。多くの人は「新型コ...

^