大紀元時報
トップ インタビュー
インタビュー
2016年4月、北京の中心地を走る電車の中、手すりにつかまる少年(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
インタビュー   「外国人参政権に大反対」中国出身の帰化日本人からのメッセージ
2017.10.02
1998年、中国浙江省杭州市で、法輪功の気功を行う人々(minghui.org)
1999年7月20日法輪功弾圧開始   【インタビュー】18年間の雨風(1)災難の発端
2017.07.19
人権弁護士は大紀元の取材に対して「中国の民衆が目覚めつつある」と語った。上海タワー近くで休憩する清掃作業員たち(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
インタビュー   「中国の民衆が目覚めつつある」上海の人権派弁護士・鄭恩寵氏 
2017.07.11
中国の暗部にカメラを向け続けている杜斌氏、氏はこうした暗部こそが中国の真の姿であり、多くの中国人が知らない、または気づいていない一面だと語る(大紀元)
反骨のルポライター・杜斌氏(上)中国の暗部にこそ伝えるべき中国の真実の姿がある
2017.05.06
4月、東京都内で大紀元と新唐人の合同インタビューに応じる櫻井よしこ氏(張本真/大紀元)
インタビュー   緊張の朝鮮半島 日本がしめす姿勢は=櫻井よしこ氏
2017.04.26
2006年、香港で、中国国内で拘束されたり軟禁されたりしている人権弁護士たちの解放を訴える人々。左から陳光誠氏、高智晟氏(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)
北京の弁護士・余文生氏   「中国人、目を覚まして!」命なんて惜しまない(5)
2017.04.23
「私たちは戻ってくる」。2014年12月、香港民主化デモ「雨傘革命」で、参加者が作ったと思われる小さなフライヤーに記されたスローガン(Lucas Schifres/Getty Images)
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー   「中国人、目を覚まして!」ファシスト国家でしか起きないことが起きている(4)
2017.04.22
北京で2000年5月、ニューススタンドの前に立つ男性(STEPHEN SHAVER/AFP/Getty Images)
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー   「中国人、目を覚まして!」金儲け主義で人のことを考えない(3)
2017.04.20
2017年3月、北京の人民大会堂で、セルビア大統領歓迎式典に参加する子供(GettyImages)
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー   「思考のマヒした中国人、目を覚まして!」北京の人権弁護士(1)
2017.04.17
神韻トップダンサーであるアンジェラ・ワンさん(神韻芸術団)
初心を忘れず 正道を歩み続ける   【大紀元独占インタビュー】神韻芸術団プリンシパルダンサー、アンジェラ・ワン
2017.03.03
袁紅氷著『台湾大劫難』の邦訳『暴かれた中国の極秘戦略』(ネットからスクリーンショット)
2012年までの中国局勢 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(三)
2010.08.31
2010年1月、米国訪問中に『2012台湾大劫難』の新書発表会で読者と会見する袁紅氷氏(左)(大紀元)
対中外交で日本がとるべき立場 『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(二)
2010.08.25
2010年1月、米国訪問中に、中共の世界拡張戦略についてスピーチする法学者・亡命作家の袁紅氷氏(写真・馬有志)
対日戦略の核心『2012台湾大劫難』邦訳出版 著者・袁紅氷にインタビュー(一)
2010.08.24
^