THE EPOCH TIMES
トップ オリンピック
オリンピック
ロサンゼルス・チャイナタウンのアルパイン体育館前で「オリンピック自由マラソン」を開始=左から五番目の背の高い男性が陳氏(大紀元)
中国ナショナル・チーム元選手「北京五輪は中共の邪悪な本質を隠す」、自由マラソンで呼び
2007.08.08
ギリシャ・アテネで、「グローバル人権聖火リレー」点火式典
2007.08.07
ウィキペディア基金会の理事長Florence Devouard氏(wikipediaより)
ウィキペディア:北京当局へ、封鎖解除を呼びかける
2007.08.06
在中外国人記者クラブ:報道自由、承諾内容には程遠い
2007.08.05
北京のウォルマートの広告の前を通り過ぎる女性=2007年7月26日(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
米大手ウォルマート社、中国仕入れ業者に労働者権益の改善警告
2007.07.27
シンポジウムに出席した彭明敏教授(右)(大紀元)
台湾著名法律家、全世界人権聖火リレーを支持表明
2007.07.19
中国語版の「北京2008手錠五輪」のログマーク(国境なき記者団提供)
「北京2008手錠五輪運動」開始=国境なき記者団
2007.07.05
五輪聖火リレー経路で、「中国台北」から「中華台北」へ中国側が呼称変更
2007.07.02
取材を受けるウェストモア氏(大紀元)
豪州シンクタンク会長、中国臓器狩り現地調査の許可を要求
2007.06.17
ペロシ下院議長=写真は2007年6月13日、ワシントンで(Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)
北京五輪グッズ製造問題:米国下院議長、問題企業の調査促す
2007.06.15
プレイフェア2008のサイト
北京五輪グッズの製造工場、法定賃金の半分で児童働かす=プレイフェア2008
2007.06.13
ナンシー・ペロジ米国下院議長(AFP)
米下院議長、天安門事件の犠牲者に敬意を表す
2007.06.07
授賞式で、右から2番目が麦燕庭さん(大紀元)
香港記者協会前会長、香港メディア報道自粛を批判
2007.05.31
国境なき記者団の発表(同サイトより)
中国外交部、チベット取材した外国人記者2人を尋問
2007.05.29
(Getty Images)
五輪聖火、中共への非難を集中点火=米有力紙
2007.05.05
「平和の祭典」オリンピックを人権弾圧国家・中国で開催することに反対しましょう
2007.02.20
カナダ独立調査報告書は、中共が法輪功学習者を使い、生体移植のための臓器バンクとしたことを明らかにした。モントリオールの法輪功学習者・王暁華氏は、2002年に投獄先で全面的に健康診断が行われたと証言(Matthew Hildebrand/大紀元)
カナダ独立調査団:中国臓器狩り事件、新たな証拠を公開
2007.02.02
モスクで祈りを捧げる中国のイスラム教徒=2006年10月、新疆ウイグル自治区カシュガルで(Photo by Guang Niu/Getty Images)
中共政権、「東トルキスタン」独立派18人射殺  
2007.01.11
北京五輪関連施設の建設現場で働く労働者らを取材するテレビ局のカメラマン=12月7日撮影(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
中国国務院メディア責任者:外国メディアの中国報道、ネガティブ内容多すぎる
2006.12.31
北京オリンピックの施設について説明を受けているIOC関係者、大気汚染対策はしても報道の自由の実現は関知しないのか=2006年10月、北京で(TAKANORI SEKINE/AFP/Getty Images)
北京五輪で中国の「報道の自由」は実現するのか
2006.11.08
幼い息子を連れて三輪車で移動する出稼ぎ労働者(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
北京:出稼ぎ民工子弟学校の強制閉鎖
2006.11.06
北京五輪施設の建設に励む出稼ぎ労働者ら(Getty Images)
北京五輪期間中に流動人口制限、出稼ぎ労働者100万人を強制排除
2006.09.19
カナダ前アジア大洋州局長:臓器狩り事件で、北京オリンピック開催のボイコットも
2006.09.16
北京五輪開催誓約を守れ、当局にメディアの自由を要求=駐中国・外国人記者協会
2006.08.10
北京市副市長、五輪建設の汚職絡みで解任され
2006.06.13
(右から2番目)スコット氏、(左から)香港立法会議員の梁国雄氏、何俊仁氏、劉慧卿氏および人権弁護士・関尚義氏が連名した陳情書(大紀元)
香港:欧州議会副議長・香港議員、連名で中国の民主化を促す
2006.05.29
米通商代表、対中貿易赤字で知的財産権問題を指摘
2006.02.18
中国政府の呼号する「調和社会」について
2006.01.21
^