大紀元時報
トップ カナダ
カナダ
カナダ議会で開かれた記者会見(大紀元)
2006.07.10
法輪功学習者を対象にした中国の臓器狩りで、カナダ法政界関係者、調査報告書を発表

 【大紀元日本7月8日】カナダ議会議員デービッド・キルガー(David Kilgour)氏=カナダ外務省前アジア大洋州局長=と国際人権弁護士デービッド・マタス(D...

2006.07.06
カナダ当局:狂牛病(BSE)再発生、感染例を確認

 【大紀元日本7月6日】カナダ食品検査庁(CFIA)は7月4日、1週間前にマニトバ州で発見された狂牛病の疑いのある感染症例は、検査の結果、発病した15歳の乳牛は、...

5月8日、カナダ与党連合会議ラヒム・ジェファ議長(中)は、「カナダ政府はこれら(生きた法輪功学習者からの臓器摘出)の独立実証を奨励する」と表明した(大紀元)
2006.07.05
生きた囚人の臓器狩り、証拠付き調査報告公開を予告=カナダテレビ局

 【大紀元日本7月5日】カナダ最大手テレビ局CTVは7月3日夜11時の番組で、前国会議員デイビッド・チューガ氏および人権弁護士デイビッド・マトス氏が、7月6日に、...

ウズベキスタンから中国へ強制送還されたフセインキャン・セリル氏
2006.07.01
中国系 カナダ人男性、中国への強制送還で処刑の危機

 【大紀元日本7月1日】カナダ政府によると、十数年前に中国から脱出した中国系カナダ人男性がウズベキスタンでビザ更新時に中国へ強制送還され、中共当局に処刑される可能...

カナダの独立調査団を支持する何俊仁議員(大紀元)
2006.06.20
中国臓器狩り疑惑:香港議員、カナダの独立調査を支持

 【大紀元日本6月20日】中国国内での法輪功学習者の臓器を生きたまま強制摘出しているという証言受け、カナダ法政界の関係者が独立調査団を立ち上げ、中共当局に現地調査...

調査団メンバー、カナダ人権派弁護士マタス氏(大紀元)
2006.06.17
カナダ法政界関係者、中国入国を申請、法輪功学習者に対する臓器狩りを調査

 【大紀元日本6月17日】カナダの元外務省OBと人権派弁護士は、このほど独立調査団を成立し、中国国内での生きている法輪功学習者の臓器を強制摘出する内情の調査に乗り...

真ん中にピンクリボンのシンボルマークの付いた25セントコイン(大紀元)
2006.06.13
【バンクーバー通信】乳がん撲滅運動、カナダ造幣局もコインで支援

 【大紀元日本6月13日】私が最初にこのコインを手にしたのは2カ月くらい前でした。その時は「えっ、これってなに?本物かしら?」と思いました。コインには“CANAD...

2006.06.10
韓国沿岸警備当局、初の国際合同演習を釜山沖で実施

 【大紀元日本6月10日】韓国沿岸警備当局は9日から、初の国際合同沿岸警備演習を釜山沖で主催実施、韓国を始めとして、米国、日本、ロシア等の6カ国が参加、目的は極東...

2006.06.03
カナダ連邦裁判所、中国汚職犯罪者の強制送還を先送り

 【大紀元日本6月3日】中国国内で250億人民元(日本円約3500億円)の資金を横領し、脱税と密貿易で巨万の富を築き、その後カナダに逃亡した頼昌星・容疑者について...

カナダのハーバー首相(大紀元)
2006.05.13
カナダ首相、世界法輪大法日を祝福

 【大紀元日本5月13日】5月13日の「世界法輪大法日」を前に、カナダの法輪大法学会は11日、カナダのハーパー首相から祝電が届けられた。首相は「法輪学習者が快楽で...

デビッド・キルゴア前アジア大洋州局長(左)とデビッド・マタス弁護士が会見の席で(大紀元) 
2006.05.12
カナダ法政界の関係者、中国での臓器狩りを独立調査

 【大紀元日本5月12日】カナダ外務省の前アジア大洋州局長デービッド・キルガー氏と人権弁護士デービッド・マタス(David Matas)氏は、カナダ国会で記者会見...

魯徳成氏
2006.04.17
「天安門事件」の民主活動家、カナダに亡命

 【大紀元日本4月17日】1989年天安門民主運動に関わったことで16年間服役していた「天安門三君子」の魯徳成氏が、カナダの難民資格を取得し、11日午後、拘置先の...

2006.03.25
カナダ民間団体、中共メディアの放送に強く反対

 【大紀元日本3月25日】中共の九つの放送チャンネルがカナダ国内での放送許可を申請している。これに反対する多くのカナダ民間団体は、中共政権の目的は、中共の理念と意...

原告の黄代明さん(大紀元)
2006.01.28
カナダの人権裁判、法輪功学習者が勝訴

 【大紀元日本1月28日】カナダのオンタリオ人権法廷は1月18日、オタワの華僑老人聯合会(Ottawa Senior Chinese Culture Associ...

2006.01.27
カナダ、中共メディアの国内放送に猛反発

 【大紀元日本1月27日】中共政権は最近カナダで9つのチャンネルの放送許可を申請したが、カナダの主流メディアはこの行動を疑問視し、「カナダ社会への共産党文化の宣伝...

投票を終え、笑顔のハーパー党首(AFP)
2006.01.24
カナダ下院解散総選挙、12年ぶりの保守党政権

 【大紀元日本1月24日】カナダ下院解散総選挙(定数308)の投開票が23日、行われた。同日午後10時から開票結果が順次発表され、地元テレビによると、与党自由党を...

遼寧省黒山県で大規模な鳥インフルエンザ感染が確認され、周辺地区の樹木が消毒される(Getty Images)
2005.11.08
鳥インフルエンザ専門家:世界的流行を懸念、アジアの対応策不備などを指摘

【大紀元日本11月8日】英語版大紀元はこのほど、カナダ伝染病研究の権威アリソン・マクギーア(Alison McGeer)氏を取材した。同氏は「鳥インフルエンザの世...

駐カナダ中国専門家協会よる林炎志氏の講演会キャンセルの知らせ
2005.10.31
カナダ:迫害加担の中共高官2人目に法的手続き

 【大紀元日本10月31日】カナダ訪問中の中共吉林省委員会副書記・林炎志(リン・イェン・ジ)氏は10月28日、法輪功の迫害に加担したとして、トロントの法輪功学習者...

2005.10.22
中国石油天然ガス、カザフ石油社を買収へ

 【大紀元日本10月22日】カナダ石油大手・ペトロカザフスタン社(本社・カルガリー、以下カザフ社)は18日に臨時株主総会を開き、中国国内最大手の中国石油天然ガス(...

2005.10.15
カナダ法輪功、中国幹部の入国拒否を要請

 【大紀元日本10月15日】今月下旬にカナダを訪問する予定の中国南部広東省・黄華華省長について、カナダ在住の法輪功学習者らはこのほど、法輪功弾圧の加担者である黄省...

カナダは長期にわたり世界で居住条件が最もよい地方の一つに選ばれた(GettyImages)
2005.10.08
バンクーバー:世界で最も住みよい都市

 【大紀元日本10月8日】全世界127都市について、安定、衛生、文化、環境、教育とインフラなどを調査・分析した結果、カナダのバンクーバーが世界で最も住みやすい都市...

2005.10.03
トロント、原因不明な伝染病、24時間で四人死亡

 【大紀元日本10月3日】米国VOAの伝えるところによれば、カナダのトロントにおいて、現地時間9月30日から10月1日まで24時間の間に原因不明の呼吸器系疾患で4...

「大紀元時報」は、カナダ全国マイノリティーメディア協会の2005年メディア賞を受賞。左から右:カナダ全国マイノリティーメディア協会会長・サーロス、「大紀元時報」カナダ東部支社社長・顧思穎、オンタリオ州長バータマン
2005.09.20
「大紀元時報」、カナダで受賞

 【大紀元日本9月20日】カナダ全国マイノリティーメディア協会は9月15日、12社のマイノリティーの移民が運営するマスメディアと30人の優れたマイノリティーカナダ...

2005.09.19
カナダで同性婚法案可決、反対する宗教界、「信仰の独立」主張

 【大紀元日本9月19日】同性間の結婚を合法化する法案がこのほどカナダ議会で可決されたが、宗教界は法律や人権に基づいて「信仰の独立」を主張し、行政や裁判所による強...

2005.09.13
カナダ紙:中共の本質を忘れずに

 【大紀元日本9月13日】カナダで最大の発行部数を誇る日刊紙「The Globe and Mail」(グローバル アンド メール)は9月6日、「彼が誰なのかを忘れ...

胡主席の宿泊ホテル向かいの広告看板<br>「邪悪に耳を貸すな!」
2005.09.12
胡主席、記者会で中国人権の質問を無視

 【大紀元日本9月12日】カナダを訪問中の胡錦涛・中国国家主席は、9日午前、マーティン首相との会談後の記者会見で、現在中国国内で弾圧を受けている法輪功に関する質問...

2005.08.31
法輪功迫害で中国商務部部長(大臣)の訪米禁止を要請

 【大紀元日本8月31日】中国商務部の薄煕来部長が9月に胡錦涛国家主席訪米代表団一行として訪米するが、同部長は各国で酷刑罪と反人類罪で告訴されていることから、アメ...

九評シンポジウムで話す韓広生氏(大紀元)
2005.08.25
元中国高官:中共の腐敗を語る

 【大紀元日本8月25日】前中国遼寧省瀋陽市公安局副局長・韓広生氏は8月5日、トロントで「九評シンポジウム」に出席し、初の記者会見を行なった。中国政府による人権侵...

(右から)前中国高官・韓広生氏、カナダ外交官ブライアン・マカダム氏 、カナダ議員コンシグリオ・ディ・ニーノ氏、カナダ前副総理シーラ・コップス氏、謝田博士(大紀元)
2005.08.12
カナダ:前副総理ら各界要人、九評シンポに参加

 【大紀元日本8月12日】カナダのトロント大学で8月5日午後、カナダ前副総理シェイラ・コーブス氏などの政界要人が参加し、共産主義が中国で消滅するかどうかを議論する...

(GettyImages)
2005.08.03
カナダ:300人乗りエアバスが炎上

 【大紀元日本8月3日】米CNNテレビによると、2日午後(日本時間午前3時ごろ)カナダ・トロントのピアソン国際空港で、乗客・乗員合わせて約300人乗りの旅客機が着...

^