トランプ氏搭乗のジェット機が緊急着陸=関係筋

[ワシントン 9日 ロイター] - トランプ前米大統領らを乗せたプライベートジェット機が5日夜、メキシコ湾上空でエンジン故障を起こし、緊急着陸していたことが分かった。関係筋が9日に確認した。 同機はトランプ氏を支援する所有者が貸し出したもので、ニューオーリンズの空港を離陸し、約120キロ飛行した後に引き返したという。トランプ氏のほかには、シークレットサービスの隊員やサポートスタッフ、アドバイザー
2022/03/10 Reuters

チャイナ・イニシアチブ、取りやめは間違い=元米司法長官代理

トランプ米政権下で司法長官代理を務めたマシュー・ウィテカー氏は、司法省が人種差別を煽っているとして取りやめた「チャイナ・イニシアチブ」について中国共産党の国家安全保障の脅威に対処するものだったと強調した。
2022/02/28 山中蓮夏

トランプ氏、ロシアの侵攻で「次は中国の番…」台湾危機に言及

トランプ前米大統領は22日、ロシアによるウクライナへの進出を受けて、中国共産党による台湾侵攻が起こりうると警告した。
2022/02/25 山中蓮夏

米特別検察官「トランプ前政権時、ホワイトハウスなどがサイバー監視下に」

米司法省のジョン・ダーラム特別検察官は11日、トランプ前大統領の選挙中や就任中に、民主党と結託したハイテク企業の幹部がトランプ氏の自宅やホワイトハウスのインターネットに侵入・監視していたと申し立てた。
2022/02/18

トランプ氏独占インタビュー(3)「メキシコ国境の壁建設を再開する」

トランプ前米大統領は1月31日、大紀元の動画コンテンツ「EpochTV」に出演し、再び大統領に就任したらまずメキシコ国境の壁の建設を再開すると述べた。
2022/02/08 山中蓮夏

トランプ氏独占インタビュー(2)「バグラム空軍基地が中国の手中に落ちる」アフガン撤退を非難

トランプ前米大統領は1月31日、大紀元の動画コンテンツ「EpochTV」に出演し、中国共産党を念頭に、アフガニスタンで最大の米拠点としてきたバグラム空軍基地を放棄すべきでなかったとの見解を示した。
2022/02/07 山中蓮夏

トランプ氏独占インタビュー「コロナ規制は撤廃すべき」

ドナルド・トランプ前米大統領は1月31日、フロリダ州パームビーチにある自邸「マー・ア・ラゴ」で、大紀元の独占インタビューに応じ、コロナ関連の制限措置を撤廃すべきなどの見解を表明した。
2022/02/04

元米高官「野心むき出し中国共産党の言動で米中が決裂」著書で17年米中会談回顧

元ホワイトハウス高官は新著の中で、中国共産党が米国を凌駕して世界経済の覇権を握るという野心をむき出しにしたこの北京会談が、米中関係崩壊の重要なポイントであったと明かしている。
2022/01/16

トランプ氏、会見取りやめ 米議会襲撃から1年で計画

[ワシントン 4日 ロイター] - トランプ前米大統領は5日、支持者らによる連邦議会襲撃事件から1年となる1月6日に合わせて予定していた記者会見を取りやめた。 代わりに、15日にアリゾナ州で開催する集会で、会見で取り上げることにしていたテーマについて語ると明かした。
2022/01/05 Reuters

米トランプ前大統領のメディア、加新興ランブル社と契約締結 技術基盤に

トランプ前大統領の新興メディア企業は、カナダの動画共有サイト「ランブル」と技術およびクラウドサービスに関する契約を締結したと発表した。同社は、ビッグテックの暴政に立ち向かい、言論の自由を尊重するプラットフォームを提供する
2021/12/16 山中蓮夏

ナバロ氏の新著が明かす パンデミックにおける中国共産党の「5つの大罪」

トランプ前米政権の元大統領補佐官(通商担当)であるピーター・ナバロ氏は最近、新著を出版した。ここで特筆すべきは、ナバロ氏が新著の中で、パンデミックで中国共産党政権が犯した「5つの大罪」についてまとめていることだ。
2021/12/09