大紀元時報
トップ トランプ大統領
トランプ大統領
2020.11.09
〈特別インタビュー〉「トランプ降ろし」で結託する民主党と中国共産党 大統領選後の米国経済を占う=ナバロ米大統領補佐官

今回はピーター・ナバロ米大統領補佐官(通商担当)に、米中貿易政策について伺います。 また 米国の団体が中国政権の、「有用なバカ」になっていることや、ウォール...

米FOXビジネスのマリア・バーティロモ(Maria Bartiromo)キャスター (Rob Kim/Getty Images)
2020.11.07
米司会者、大統領選投票をめぐって疑問呈する「大統領は民主党の腐敗を暴いている」

米FOXビジネスのキャスター、マリア・バーティロモ(Maria Bartiromo)氏は11月5日、ツイッター上で、今回の大統領選挙の不正疑惑をめぐる不審な現象を...

2020.11.07
【紀元曙光】2020年11月6日

(前稿より続く)「秋波(しゅうは)を送る」という日本語がある。

2020.11.07
【紀元曙光】2020年11月5日

(前稿より続く)実は、中国人のなかにも、心ある人はいるのである。

2020.11.07
【紀元曙光】2020年11月4日

投票は終わった。

2020年11月4日、東京外為市場で米国大統領選挙の行方を注視する市場関係者(Carl Court/Getty Images)
2020.11.06
米大統領選挙が膠着する3つの主因

11月3日に投票開始日を迎えた米国大統領選挙は膠着状態が続いている。今回の選挙は米国の将来を決める重要なイベントである。トランプ大統領の言葉を借りると、米国民は今...

2020年11月5日、ネバダ州ノースラスベガスのクラーク郡選挙局で投票所の備品や資材の処理が行われている(Ethan Miller/Getty Images)
2020.11.06
ネバダ州在住の女性、「投票用紙盗まれた」と不正訴え=米大統領選

米大統領選の不正投票をめぐる問題で、ネバダ州在住の女性は、何者かが郵便物を盗んで彼女の名前で投票したと主張している。

トランプ米大統領は11月5日、ホワイトハウスで記者会見を行い、開票作業における不正行為は米国の恥だと強調した(Chip Somodevilla/Getty Images)
2020.11.06
トランプ大統領が会見 開票不正は「米国の恥」 法的措置講じると強調

トランプ米大統領は11月5日、ホワイトハウスで記者会見し、大統領選の開票作業で不正が行われたことは「米国の恥だ」と述べた。不正行為があったとみられた州で訴訟を提起...

2020年11月4日午前2時半ごろ、ホワイトハウスでスピーチを行ったトランプ大統領とメラニア夫人、ペンス副大統領(Chip Somodevilla/Getty Images)
2020.11.05
ツイッター、開票不正をめぐるトランプ氏の投稿を次々と削除 激戦州で不審点

米大統領選挙で再選を目指す共和党のトランプ大統領は11月4日、ツイッター上で、投票集計に不正があると複数回、投稿した。しかし、ツイッター社は大統領の投稿について、...

2020年9月16日、ホワイトハウスの会見で記者団に話すドナルド・トランプ大統領 (Reuters/Leah Millis/File Photo)
2020.11.03
米ホワイトハウスが対中政策で声明、「共産党の振る舞いにもう目をつぶらない」

11月3日に投票開始日を控える米国で、ホワイトハウスは2日、同ウェブサイトで対中政策について声明を掲載した。声明は、トランプ政権は中国共産党政権の振る舞いについて...

10月22日、米大統領選挙の最後のテレビ討論会が行われた(Justin Sullivan/Getty Images)
2020.10.23
米大統領選討論会 バイデン氏、息子の金銭疑惑を否定

米国大統領選挙の最後のテレビ討論会は現地時間10月22日夜、テネシー州のベルモント大学で行われた。国家安全保障に関する議題では、トランプ大統領は、民主党候補者のジ...

マイク・ポンペオ米国務長官(GettyImages)
2020.10.14
米国務省、研究機関に外国資金の開示要求 中ロの影響力に警戒

米マイク・ポンペオ国務長官は10月13日、中国やロシアなどの組織と関係を維持する国内学術機関やシンクタンクに警告を発した。長官は、「一部の外国政府は、ロビイストや...

2020.10.10
【紀元曙光】2020年10月4日

トランプ米大統領は、一時期「とても懸念される状況だった」という。

2019年6月29日に中国共産党の党員学校近くを歩く華春瑩氏(右)
2020.10.06
中国の華報道官のツイートに皮肉殺到「庶民にも中共高官と同じ医療待遇を」 

10月4日、トランプ米大統領がコロナウイルスで入院治療中に、中国外務省の華春瑩報道局長は、「米国の患者全員も大統領と同じ『最高の処置とケア』を受けられることを切に...

9月28日、連邦最高裁判所の隣に位置する合同メソジストビルに、連邦最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグ氏の死を悼むメッセージが掲載されている(Getty Images)
2020.10.01
掛谷英紀コラム
他者への敬意があれば左翼の異常さに気づける

対談の中で、プレイガー氏が普段よく受ける質問として、「卑しい人が左翼になるのか、それとも左翼になると卑しくなるのか」という問いを紹介した。これに対しては、サンダー...

中国当局は自動車メーカーに中古自動車部品の再利用を奨励する政策を導入した。写真は2019年4月、安徽省合肥市にある自動車組み立て工場で働く従業員(Getty Images)
2020.08.14
中国、新車に中古部品を使用許可 米中デカップリングへの備え?

米中関係が急速に悪化し、両国経済の分断(デカップリング)の可能性が高まる中、中国当局は自動車メーカーに中古自動車部品の再利用を奨励する政策を導入した。この動きにつ...

8月10日、ポンペオ米国務長官はメディアとのインタビューで、「中国共産党に対する米国の行動はすべて、中国共産党に行動を改めさせることを目的としている」と述べた(Manny CENETA / POOL / AFP)
2020.08.12
ポンペオ長官、中国に反撃する「長い措置リスト」を検討中

マイク・ポンペオ米国務長官は8月10日、メディアのインタビューに対し、「中国(共産党)は何十年も前から米国を利用してきた、二度とそのようなことが起こるのは許さない...

2020.07.24
【紀元曙光】2020年7月21日

(前稿より続く)21年を経た今でも、法輪功への迫害は停止されていない。

2020.07.09
【紀元曙光】2020年7月7日

米国。アメリカ合衆国。中国語で「美国」とはパロディか。

2020.07.09
【紀元曙光】2020年7月5日

ソ連は、米国と同等の軍備を揃えようとして無理を重ね、ついに息切れして1991年12月、崩壊した。

2020.07.09
【紀元曙光】2020年7月4日

1776年、世界史が近代に入る少し前のこの日、その国は生まれた。

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月21日

(前稿に続く)そうしたものを、「伝統」などと、ことさら言う必要もない。

2020年4月28日、ワシントンのホワイトハウスの執務室でドナルド・トランプ大統領がフロリダ州知事のロン・デサンティス氏と会談中に、ホワイトハウス・コロナウイルス対策コーディネーターのデボラ・バークス氏が話す。(Mandel Ngan/AFP via Getty Images)
2020.05.02
ヤフーニュースの記者、トランプ大統領に事実誤認の質問を謝罪

ヤフーニュースのホワイトハウス特派員は4月28日、米国が韓国よりコロナ検査回数が少ないという誤った質問を行ったことについて、ドナルド・トランプ大統領に謝罪した。...

米NY州クオモ知事(Matthew Cavanaugh/Getty Images)
2020.04.26
トランプ大統領,感染拡大巡りWHOを調査 クオモNY知事が支持

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、ドナルド・トランプ大統領が、中共肺炎(新型コロナウイルス)のパンデミックへの対応についてWHO(世界保健機関)を調査す...

2020.04.14
【紀元曙光】2020年4月15日

1865年4月15日、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが死去した。▼その前日の観劇中に、背後から頭を銃撃されたのが致命傷となった。リンカーンの...

2020.03.19
【紀元曙光】2020年3月19日

ブーメランというと、昭和中期の男の子であれば、おそらく共通の思い出がある。駄菓子屋で売っていた、あのプラスチック製の「く」の字である。

訪米中の台湾次期副総統・頼清徳氏は2月4日、米上院議員と会談した(@SenCoryGardner)
2020.02.05
訪米中の台湾次期副総統、米有力議員と相次ぎ会談

台湾の次期副総統・頼清德氏は、米国上院外交委員会の議員と4日、連邦議会議事堂で会談した。前日には、中国問題に関する米連邦議会・行政府委員会(CECC)議長を務める...

スイスで開かれている世界経済フォーラムに出席しているトランプ米大統領は1月22日、記者会見で、米中貿易交渉2段階に人権と香港民主問題を含めることを検討していると述べた(GettyImages)
2020.01.23
米中貿易交渉第2段階 トランプ米大統領、香港人権問題を含める 大紀元記者の質問に回答

1月22日、トランプ米大統領は、中国との貿易交渉第2段階には中国共産党政権による香港の人権侵害問題が含まれると述べた。世界経済フォーラム(ダボス会議)の記者会見で...

「中国は影響力が最も強いが、信用できない国」ASEAN調査で明らかになった。写真は2019年11月、タイのバンコクで開かれた第35回ASEANサミット(GettyImage)
2020.01.16
東南アジア諸国、中国の影響力増に警戒感=調査

1月15日、東南アジア諸国の専門家を対象にした意見調査結果が発表された。それによると、中国の影響力の高まりは諸国の不安感を高め、特にベトナムとフィリピンの人々は強...

2018年12月1日、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席がアルゼンチンで首脳会議を行い、米中貿易摩擦をめぐって話し合った(米ホワイトハウスの公式ツイッターアカウントより)
2019.12.25
米中第1段階合意、中国が譲歩した理由

トランプ米大統領は12月21日、米中通商協議の第1段階の合意は「まもなく署名する」と述べた。各報道をまとめると、中国側が大きな譲歩を行った背景に4つの理由がある。...

^