大紀元時報
トップ バイリンガル
バイリンガル
イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2010.01.18
英国バイリンガル子育て奮闘記(18)

 【大紀元日本1月18日】 幼稚園(1992~1994年)  サモア人のベビーシッター 幼稚園に通い始める前、教会主催のマザーズ&トドラーズのグループで知り合った...

イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2010.01.11
英国バイリンガル子育て奮闘記(17)

 【大紀元日本1月11日】 幼稚園(1992~1994年)  「ア・ブ・ク・ドゥ…」 幼稚園では、週に一回か二回、5才から始まるレセプションイヤー(小学校1年に上...

イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2010.01.04
英国バイリンガル子育て奮闘記(16)

 【大紀元日本1月4日】 幼稚園(1992~1994年)  「お名前が三つあるの」 子供は言語の性質に鋭敏だ。当時、2歳児の女の子に、絵本を見せ、「犬だよ」という...

イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2009.12.28
英国バイリンガル子育て奮闘記(15)

 【大紀元日本12月28日】 幼稚園(1992~1994年)  日本からのビデオ 幼稚園で英語をどんどん吸収していく中、娘の日本語を維持させるためには日本からのビ...

「誰がこんな大きな袋、置いていったんだろうね?」(写真=筆者提供)
2009.12.21
英国バイリンガル子育て奮闘記 クリスマス版(下)

 【大紀元日本12月21日】 クリスマスプレゼント 日本のお年玉と違い、イギリスではプレゼントを渡す。子供がある程度大きくなってしまうと、クリスマスカードに現金や...

「誰がこんな大きな袋、置いていったんだろうね?」(写真=筆者提供)
2009.12.14
英国バイリンガル子育て奮闘記 クリスマス版(上)

 【大紀元日本12月14日】 サンタさんが来た 子供を交えてのクリスマスというのは、サンタさんと出会えるので楽しい。 3月生まれの娘にとって、最初のクリスマスとい...

イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2009.12.07
英国バイリンガル子育て奮闘記(14)

 【大紀元日本12月7日】 幼稚園(1992~1994年) にわとり、にわとり、 コケコッコー 2学期目、3学期目と娘が 幼稚園に通う回数を増やしていくにつれ、や...

イギリスの幼稚園の運動会、左端で立っているのがアン(写真=筆者提供)
2009.11.30
英国バイリンガル子育て奮闘記(13)

 【大紀元日本11月30日】 幼稚園(1992~1994年) おとなしい子  5週間の日本滞在から戻り、母親にだけまつわりついていた時期に、物を指して、マミーの言...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.11.23
英国バイリンガル子育て奮闘記(12)

 【大紀元日本11月23日】 就学前(1989~1992年)  再び英国へ 5週間の里帰りを終え、英国に戻る。子育て環境としては、英国の方が慣れているので、「やれ...

アン(左)と日本人のお友達(写真=筆者提供)
2009.11.16
英国バイリンガル子育て奮闘記(11)

 【大紀元日本11月16日】 就学前(1989~1992年)  初めての日本(下) ちょうど学生時代の友人が、わたしより3カ月前に出産していたので、日本滞在中に子...

ひいおばあちゃんと一緒にお話(写真=筆者提供)
2009.11.09
英国バイリンガル子育て奮闘記(10)

 【大紀元日本11月9日】 就学前(1989~1992年)  初めての日本(上) 2歳半の秋、初めて日本に連れて行った。英国の南西端コーンウォール州から電車に5時...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.11.02
英国バイリンガル子育て奮闘記(9)

離乳食が始まるとハイチェアに乗せて、1日3回、365日、「いただきます」と「ごちそうさまでした」を繰り返して聞かせることになる。なるほど、これだけ定期的に同じ音を...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.10.26
英国バイリンガル子育て奮闘記(8)

娘の日本語環境は、母親の語りかけとビデオ程度だった。テレビ漬けにならないように、「マミーの言葉の映るビデオさんが疲れちゃうからね」と、30分たったら、バスタオルを...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.10.19
英国バイリンガル子育て奮闘記(7)

童話の読み聞かせは言語の発達に欠かせない。幸いなことに、ロンドンに滞在していた先輩が日本に帰国することになり、良い絵本をたくさんいただいた。おかげで就寝前の日本語...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.10.12
英国バイリンガル子育て奮闘記(6)

英語より日本語の方が,幼児語が多い気がするのは、私が日本語で生まれ育ったせいだろうか。英語では、大人の会話通り幼児に語りかけるが、日本語では、幼児に対しては幼児語...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.10.05
英国バイリンガル子育て奮闘記(5)

ちょうど絵本を眺めて言葉を発し始めた頃、「部屋の中のもの」と題する絵本のページで、テレビの中でマイクを持って歌う女の人を指さして、アンは「なじぇ、なじぇ」と言い始...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.09.28
英国バイリンガル子育て奮闘記(4)

子供が自力で動き回るようになれば、当然危ないことにでくわす。ハイハイが始まったら、ストーブに手を近づけないように恐い顔をして「ダメ」と言い、子供の身を守る。躾の面...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.09.21
英国バイリンガル子育て奮闘記(3)

ダディー語とマミー語の二言語で育てることに決めたものの、まわりに日本人はいない。「うちのおかあさん、自分で勝手に作った自分語があるのよ」と思われないようにするには...

筆者と2歳の時のアン(写真=筆者提供)
2009.09.07
英国バイリンガル子育て奮闘記(1)

なんの機縁か、英国南西端のケルト系の地、コーンウォール州の片田舎で一人娘アン(仮名)の子育てをすることになった。夫はイギリス人。日本企業は皆無。日本人といえば、国...

^