大紀元時報
トップ マタス
マタス
英BBCは中国の臓器移植産業の闇について報道した(大紀元資料室)
英BBC、中国臓器移植産業の闇を報道
2018.10.13
ピーボディ賞第74回授賞式で登壇した李雲翔・監督ら。李監督(右)、デービット・マタス氏(右から3人目)、デービット・キルガー氏(右から4人目) (李雲翔監督提供)
米ピーボディ賞受賞作「人狩り」 監督「一時現実逃避に陥る」
2015.06.10
 英国議会で12日午後、中国での臓器収奪に関するシンポジウムが開かれた(大紀元)
中国での臓器収奪 英国人ジャーナリストが証拠開示
2011.07.21
シンポジウムで発言する専門家。左より、デーモン・ノート医師、ガブリエル・ダノビッチ医師、張而平氏、アーサー・キャプラン博士、エリック・ゴールドバーグ医師、デービット・マタス弁護士(大紀元)
中国の臓器収奪「無視・無関心は同罪」=米専門家シンポジウム
2011.05.07
銃弾が撃ち込まれた跡(新唐人テレビからスクリーンショット)
豪州大紀元オフィスに銃弾 人権弁護士講演前の威嚇行為か
2010.11.06
中国での臓器狩りの制止を呼びかけるマタス人権弁護士(大紀元)
カナダの人権弁護士、国際移植学会で中国の臓器狩り実態を明かす
2010.08.23
4月25日、平和的な請願の11年目を記念したニューヨークでのパレード(Edward Dai 大紀元)
「中国最大の迫害」、米国議会で公表
2010.04.30
マタス氏(右)とキルガー氏(大紀元)
「戦慄の臓器狩り」の著者、ノーベル平和賞候補に
2010.02.11
新書発表会で読者にサインするデービット・キルガー氏(右)とデービット・マタス氏(中)(Samira Bouaou/The Epoch Times)
新書 「血まみれの臓器狩り」、法輪功学習者から臓器摘出調査報告 カナダで出版
2009.11.21
臓器移植手術(Getty Images)
臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国
2009.08.30
シンポジウムに臨む人権弁護士デービッド・マタス
中国「臓器狩り」シンポジウム:マタス氏囲み、専門家らが意見交換
2009.07.08
マタス氏(中央)を囲み、中国「臓器狩り」の報告書を学んだ日本戦略フォーラムの勉強会(大紀元)
中国「臓器狩り」:マタス氏、日本の有識者らと勉強会
2009.07.08
開かれた公聴会(大紀元)
欧州議会、法輪功弾圧問題に関する公聴会開く
2009.04.17
国連の人権委員会で証言する国連特派調査員マンフレッド・ノーワック氏(Getty Images)
国連、中国に臓器狩りの実態調査命じる
2008.11.24
フェニックス・テレビの番組で、調査団の電話録音で話したことを認めた医師・芦氏
中国臓器狩りの新証拠、独立調査団が公開
2008.08.26
講演中のマタス弁護士(大紀元)
カナダ人権弁護士、中国当局の臓器狩り実態を語る=メルボルン
2008.08.10
北京の天安門広場で私服警察官らに足蹴りを受ける法輪功修煉者、もう一人の修煉者は警察の車両に押し込まれようとしている(CBCドキュメンタリー映画「赤い壁の向こう側:法輪功の迫害」から)
カナダ国営放送、法輪功迫害ドキュメンタリー映画放映予定
2007.11.05
カナダの国際人権派弁護士(APF)
法輪功のために戦うユダヤ人弁護士
2007.10.19
シンポジウムで講演するデービット・キルガー氏(大紀元)
中国の民衆と法輪功学習者のために、声を出そう=カナダ政府元高官
2007.09.15
抗議集会の現場(大紀元)
APEC豪州:法輪功が抗議集会開く
2007.09.09
CIPFG北米分団のクライブ・アンスレイ団長(大紀元資料室)
中国臓器狩り、「紛れもなく起きている」=CIPFG北米分団団長
2007.08.31
カナダ独立調査報告書は、中共が法輪功学習者を使い、生体移植のための臓器バンクとしたことを明らかにした。モントリオールの法輪功学習者・王暁華氏は、2002年に投獄先で全面的に健康診断が行われたと証言(Matthew Hildebrand/大紀元)
カナダ独立調査団:中国臓器狩り事件、新たな証拠を公開
2007.02.02
中国臓器狩り:日本・韓国・台湾など91人が参加、CIPFGアジア支部結成
2006.12.12
11月28日、カナダの前アジア大洋州局長デービッド・キルガー氏および人権弁護士デービッド・マタス氏は、仏総理府で国家人権諮問委員会に、中国で起きている法輪功学習者の生体から臓器摘出事件告発の調査検証を報告した。(大紀元)
中国臓器狩り:カナダ独立調査団、仏総理府で結果報告、2008年オリンピックをパリに変更提案
2006.12.03
処刑場へ連行される死刑囚。中共側の死刑囚は処刑された後、臓器の行方が不明となる(Getty Images)
ロサンゼルス・タイムズ紙:死刑囚からの臓器摘出認めた中国、世界随一の死刑大国
2006.11.23
CIPFG調査団メンバー:カナダ元国会議員デービッド・キルガー氏(左)および人権弁護士デービッド・マタス氏(右)
中国臓器狩り:四大陸調査団、中国現地調査を発表
2006.10.23
呂秀蓮台湾副総統は14日、台北で開かれる国家人権委員会フォーラムに参加し、中共の生体臓器狩り真相に強い関心を寄せた。呂副総統はメディアに対して、関連部会を開き同件に対する措置を議論すると表明した(中央社)
呂秀蓮台湾副総統:「臓器狩りは恐ろしい重大犯罪事件」
2006.10.18
米議会で開かれた公聴会(大紀元)
米議会、中国の臓器狩りの公聴会を招集
2006.10.05
カナダ前アジア大洋州局長:臓器狩り事件で、北京オリンピック開催のボイコットも
2006.09.16
欧中会談:欧州議会議員、中国臓器狩り問題を議題に呼びかける
2006.09.11
^