大紀元時報
トップ ラオス
ラオス
写真はマレーシアのクアラルンプールにある新年装飾。参考写真(MOHD RASFAN/AFP via Getty Images)
2020.11.11
「ラオスはもうほとんど中国」道路の中国風の装飾、住民苦情で取り下げ

ラオスの情報筋によると、ラオスの首都ビエンチャンの当局は、ソーシャルメディア上で中国の影響力拡大を懸念するラオス市民からの抗議の嵐を受けて、市内各地の街灯に飾られ...

ラオス当局、中国人200人の入国拒否した。検疫の書類を所持していなかったという。写真は中国とラオスの国境を流れるメコン川(FREDERIC J. BROWN/AFP via Getty Images)
2020.11.07
ラオス当局、中国人200人の入国拒否 検疫の書類を不所持

情報筋によると、ラオスの中国との国境にあるラオス当局は、11月1日、200人あまりの中国人の入国を拒否した。新型コロナウイルスに関する検疫書類を所持していなかった...

2019年10月、ラオスで撮影された、水量が少ないメコン川支流(GettyImages)
2020.04.15
メコン川の干ばつ、中国の上流ダム水量制限で悪化させた=調査報告

調査報告によると、昨年メコン川の漁業と農村に被害をもたらした干ばつは、上流で建設された中国資本の11のダムが下流への水の流れを制限していたことで、状況を悪化させて...

風光明媚な自然が保たれている、ラオスのバンビエン地域。中国企業の観光開発に住民らが強く反発したため、調査は無期限延期になった(gypsetjenn)
2019.03.06
ラオス住民、中国資本の観光開発に強く反対 現地調査が無期限延期に

風光明媚なラオスの村落で持ち上がった中国資本の大規模開発は、地元住民や観光業社の強い反対で、無期限に延期された。

中止や延期が相次ぐ、中国の高速鉄道計画。2017年5月、重慶で清掃中の高速鉄道の車両(STR/AFP/Getty Images)。
2017.07.22
一帯一路
中国の「高速鉄道外交」、中止や延期が相次ぐ

最新の調査で、中国政府の主導する「一帯一路」経済圏構想のインフラ計画の一環である高速鉄道計画の輸出戦略は、不透明性や現地経済状況にあわないなどの理由で、キャンセル...

中国高速列車 (STR/AFP/Getty Images)
2014.01.17
雲南省からシンガポール 中国の東南アジア縦貫鉄道 ラオスで初合意

【大紀元日本1月17日】中国政府が計画している同国雲南省とシンガポールを結ぶ「東南アジア縦貫鉄道」計画は、初めて通過予定国の承認を得た。英紙デイリーテレグラフはこ...

2011.11.29
中国と東南アジア3国がメコン川流域で共同巡視部隊設置 インドは警戒

 【大紀元日本11月29日】東南アジアを流れるメコン川の流域でも地理的影響力を拡大させる中国だが、この度、同流域に東アジアの3カ国を取り込んで共同巡視部隊を設置す...

2005.12.06
ラオス、脱北者の主要中継地点

 【大紀元日本12月6日】北朝鮮での飢えと圧政から逃れてくる、いわゆる脱北者は、現在中国を抜けてラオスを中継し、タイへ亡命するルートを取っている。タイの宣教師、ジ...

^