大紀元時報
トップ 万葉集
万葉集
大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021.04.01
【歌の手帳】早く日本へ

いざ子ども早く日本へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ

2021.03.02
【ほっこり池】白梅の宴

「雪の色を奪ひて咲ける梅の花、今盛りなり見む人もがも」。

大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021.03.02
【歌の手帳】富士の山

田子の浦にうち出でて見れば白妙の富士の高嶺に雪は降りつつ

大紀元エポックタイムズ・ジャパン
2021.02.27
【歌の手帳】やまと歌の心

やまと歌は人の心を種として萬の言の葉とぞなれりける。

2020.09.08
【紀元曙光】2020年9月5日

いいかげんにしろ、と言いたくなるような悲劇が、毎年、必ず起きている。

2020.07.24
【紀元曙光】2020年7月23日

海ゆかば水漬く屍、山ゆかば草生す屍、大君の辺にこそ死なめ、かへり見はせじ。

2020.06.30
【紀元曙光】2020年6月26日

夏の味覚にも多々あるが、いいトウモロコシが安価で店先に並ぶと、やはり嬉しい。

(Creative Commons)
2012.09.17
百年後の白百合

【大紀元日本9月17日】「こんな夢を見た」で始まる夏目漱石の『夢十夜』。その第一夜で、臨終をむかえようとする女は、それを見つめる男に、こう告げます。 「百年、私の...

(Bossco/Creative Commons)
2012.06.17
【漢詩の楽しみ】 従軍北征(軍に従じて北征す)

【大紀元日本6月17日】天山雪後海風寒横笛偏吹行路難磧裏征人三十萬一時回首月中看 天山、雪後、海風寒し。横笛(おうてき)偏(ひとえ)に吹く、行路難(こうろなん)。...

川の流れを引き込み、竹で編んだ簀(す)を敷くと、水だけが下流に流れていきます
2010.07.21
【ぶらり散歩道】ー熊本篇ー 甲佐町のやな場

 【大紀元日本7月21日】熊本県のほぼ中央部に位置する甲佐町(こうさまち)には、鮎料理で有名なやな場があります。やな場の「やな(簗)」とは、川の一部に木や竹で堰(...

^