大紀元時報
トップ 世界むかしばなし
世界むかしばなし
イラスト: SOH Network
2014.02.10
【世界むかしばなし】15 あきらめなかった若者

【大紀元日本2月10日】「求める者は見つけ、戸を叩く者に扉は開かれる」という古い格言がアラブにあります。 ある若者が「この通りにやってみよう」と思い立ち、バグダッ...

イラスト: SOH Network
2014.01.27
【世界むかしばなし】14 みすぼらしい客と立派な客

【大紀元日本1月27日】昔々、ある国にとても賢い王様がいました。ある日、王様は乗馬に出かけ、見事な邸宅の前を通りかかりました。「あの家には誰が住んでおる?」と王様...

イラスト: SOH Network
2014.01.13
【世界むかしばなし】13 仙人と鼠

昔々、森の奥深くに仙人が暮らしていました。ある日、仙人が食事をしようと腰をおろしたときのことです。突然、空から鼠(ねずみ)が落ちてきました。どうもカラスが落とした...

イラスト: SOH Network
2013.12.30
【世界むかしばなし】12 ネズミに食われた鉄の天秤

【大紀元日本12月30日】昔々、ある村にジャナルダンという名前の裕福な商人が住んでいました。あるとき大雨が降り、村の近くを流れる川があふれて洪水が起こりました。村...

イラスト: SOH Network
2013.12.16
【世界むかしばなし】11 孔子の教え―陳亢と伯魚

【大紀元日本12月16日】二千五百年ほど前の中国でのことです。偉大な哲学者で教育者でもあった孔子には、数えきれないほどたくさんの教え子がいました。教え子の多くは直...

イラスト: SOH Network
2013.12.02
【世界むかしばなし】10 トラと旅人

昔々、森の中に一匹のトラが暮らしていました。年を取り、もう自分で獲物を捕ることもできませんでした。ある日、トラは、湖のほとりで金の腕輪を見つけました。

イラスト: SOH Network
2013.11.18
【世界むかしばなし】9 石工と山の精霊

昔々、あるところに石工が暮らしていました。石については豊富な知識があり仕事ぶりが丁寧だったため商売はうまくいっていました。山の石切り場から石を切り出すのは骨の折れ...

イラスト: SOH Network
2013.11.04
【世界むかしばなし】8 ウサギの知恵

【大紀元日本11月4日】昔々、森の中にゾウたちが暮らしていました。近くの池で、ゾウたちは水を飲んだり水浴びを楽しんだりしていました。 ある年、日照りがつづき、池が...

イラスト: SOH Network
2013.10.21
【世界むかしばなし】7 寛容で謙虚な心

【大紀元日本10月21日】中国の明の時代、江蘇省の江陰に張畏岩(チョウ・ワイガン)という男がいました。地元では文章の達人として知られていました。 ある年、張畏岩は...

イラスト: SOH Network
2013.10.07
【世界むかしばなし】6 靴職人と仕立て屋

昔々、ある遠い国に貧しい靴職人が住んでいました。彼の背中には大きなこぶがありました。 ある日、彼は靴を売りに遠くの町へと出かけました。

イラスト: SOH Network
2013.09.25
【世界むかしばなし】5 修行僧とハチミツの壺

離れ島のある町に、信心深い男が住んでいました。妻をめとりましたが、長いあいだ子供ができませんでした。 ある日、妻が子供を授かったことが分かり、男はこの知らせに大喜...

イラスト: SOH Network
2013.09.09
【世界むかしばなし】4 アリとゾウ

あるお天気のいい日のこと、一匹のアリが葉っぱの上でくつろいでいると、ふいに葉っぱからすべって下の池に落ちてしまいました。

イラスト: SOH Network
2013.09.02
【世界むかしばなし】3 調理場のプーカ

昔々、アイルランドに裕福な商人が住んでいました。あるとき彼は仕事で長い旅に出ることになりました。

イラスト: SOH Network
2013.08.12
【世界むかしばなし】2 藍染めの桶に落ちたジャッカル

昔々のインドの話です。ある夜、一匹のジャッカルが食べ物をさがしながら村はずれをぶらぶらしていると、あやまって藍染めの染料が入った大きな桶の中に落ちて、出られなくな...

イラスト: SOH Network
2013.07.29
【世界むかしばなし】1 お金では買えない宝物

昔、ドイツで飢饉があったときの話です。ある裕福な人が貧しい子供たち20人を自宅に招いてパンを分け与えました。「ひとり1つずつだよ。食べ物が手に入るようになるまで毎...

^