大紀元時報
トップ 中国本土
中国本土
香港の抗議活動に参加していた女性市民の王鳳瑶さんは昨年8月、拘束された後、中国本土に連行されたことがわかった(フェイスブックより)
2020.01.11
香港デモの名物おばあちゃん、深圳の拘留場に身柄送致された=香港メディア

昨年6月から続いている抗議活動の現場で、イギリスの国旗を掲げデモ参加者を励み続けた女性市民、王鳳瑶さん(63)は8月警察に拘束された後、中国本土の深セン市に送られ...

香港市民は7日、逃亡犯条例改正案の撤回を求めて九龍半島の繁華街でデモ行進を行った(李逸/大紀元)
2019.07.08
香港デモ、23万人が九龍半島に集結 「本土観光客に支持を求める」

香港市民は7日、容疑者の中国本土移送をできるようにする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めて、中国本土と隣接する九龍半島で抗議デモを行った。主催側の発表によると、23...

中国広東省珠江市と香港とマカオを結ぶ海上橋、港珠澳大橋が10月23日に開通した(PHILIP FONG/AFP/Getty Images)
2018.11.17
港珠澳大橋開通3週間 押し寄せる中国人観光客に香港住民「大迷惑」

中国広東省珠海市と香港新界離島区大嶼島とマカオ花地瑪堂区を結ぶ海上橋、港珠澳大橋が10月24日開通した以降、本土から中国人観光客が押し寄せたことで、大嶼島北部にあ...

(GettyImages)
2018.07.12
iPhoneユーザー、台湾国旗絵文字でシャットダウン 

アップル社のiPhoneやiPadの利用者に、中華民国の旗や台湾に関する入力をすると、強制シャットダウンしたりするというバグが発生する。米国の元安全保障局(NSA...

台湾出身女性がこのほど、友人がSNS「微信」で当局を批判した後、警察当局に拘束されたのを受けて、中国のネット検閲に恐怖を抱き始め、仕事を辞めて台湾に戻った。写真は、微信のロゴマーク(大紀元資料室)
2018.06.14
台湾女性「二度と中国には行かない」 ネット検閲に恐怖

台湾メディアはこのほど、中国本土の企業に就職した台湾出身の女性が、中国のネット検閲を危惧して、仕事を辞めて台湾に戻ったことを相次いで取り上げて報道した。台湾のネッ...

2月17日、逮捕される中国工商銀行マドリード支店の幹部 (PEDRO ARMESTRE/AFP/Getty Images)
2016.04.04
中国は世界のマネーロンダリングセンター?=米メディア

昨年から、スペインやイタリア、イギリス、アメリカなどの欧米諸国が、相次いで各国に進出する中国系銀行の支店に対してマネーロンダリング調査の強化に乗り出している。その...

^