大紀元時報
トップ 中国経済
中国経済
2005.09.28
香港外資系銀行:中国経済のデフレ進行を警告

 【大紀元日本9月28日】香港スタンダード・チャータード銀行のベテラン・エコノミストのステファン・グリーン(王志浩)氏はこのほど、80年代に日本で生じた円引き上げ...

2005.09.27
中国経済は崩れても潰えないのか?(2)

 【大紀元日本9月27日】中国経済は近年、高成長の発展を見せる一方で、教育や医療など多くの分野で問題を生み出し、そのひずみが貧富の拡大として民衆に負担を強いている...

2005.09.22
中国経済は崩れても潰えないのか?(1)

 【大紀元日本9月22日】中国経済は近年、高成長の発展を見せる一方で、教育や医療など多くの分野で問題を生み出し、そのひずみが貧富の拡大として民衆に負担を強いている...

張清渓教授</CENTER<>
2005.09.17
講演会「社告・中国経済の真相」のご案内 (9/25)

 躍進一途の楽観論が強い反面、崩壊間近などの悲観論も出始めるなど表面上ではわからない中国経済と中国企業の実態、対中投資のメリットと落とし穴などについて、台湾大学元...

2005.09.02
米専門家:中国市場への投資に慎重さが必要

 【大紀元日本9月2日】米国の中国経済専門家・ガトマン氏は28日、李登輝学校及び台湾教授協会が開いた中国経済及び中国における外資企業投資問題の講演会で、中国市場が...

前・米副国務長官リチャード・アーミテイジ氏(Richard Armitage)(AFP/Getty Images)
2005.08.29
米豪会談:前・米副国務長官、中国問題に言及

 【大紀元日本8月29日】シドニーで米豪会談に出席した前・米副国務長官リチャード・アーミテイジ氏は、中国の躍進は米豪関係にとって最も重要な問題であると言及した。豪...

2005.06.23
ワシントンポスト:中国浙江省農民運動、反共産党の大勝利

 【大紀元日本6月23日】ワシントンポスト6月13日付の報道によると、中国浙江省の農民は近くの工業団地の汚染問題で、抗議デモを行い、鎮圧に来た警察を撃退して工場の...

2005.06.22
中国経済は急速な冷え込み 雇用に影響

 【大紀元日本6月22日】中国の一部の学者の指摘によると、大陸の経済成長の周期は既に低迷期に入っている可能性がある。その理由として、株式投資の下落のペースが速く、...

2005.06.21
何清漣:外資は中国に何をもたらしたか?

 【大紀元日本6月21日】1979年に中国が対外開放政策を実施して以来、26年が経過した。2004年の国連貿易・経済発展会議において発表された「世界投資報告」が明...

著名な政治経済評論家・草庵居士(大紀元)
2005.06.16
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールなのか (七)

 【大紀元日本6月16日】著名な政治経済評論家・草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリアにて行われた第13回“九評共産...

草庵居士は、中共が膨大な支出を補うため、如何に紙幣を乱発し、株式市場の下落をもたらし、インフレと人民元の減価をもたらしたのかを分析した。彼の指摘によると、人民元の減価は、民衆の血と汗で中央財政の穴を埋め合わせるものである。
2005.06.14
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールなのか (六)

 【大紀元日本6月14日】著名な政治経済評論家・草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリアにて行われた第13回“九評共産...

2005.06.11
草庵居士:【歴史存証】中国経済崩壊の完全記録(6月3日)

 【大紀元日本6月11日】90年代末に中国株式市場が800ポイントまで下落することを予言して以来、多くの友人が私に、いつそれが実現するのかを尋ねた。一度、私は国内...

2005.05.30
中国の軍事と経済影響力に懸念 米議会で中国問題幹部会が成立

 【大紀元日本5月30日】米下院議員、J. Randy Forbes氏は27日、中国の政治、経済、防衛が現在、世界で大きな影響力を持っていることを念頭に、中国の脅...

2005.05.29
為替レートのリスクで、中国投資ブームが冷える

 【大紀元日本5月29日】人材派遣を手がける米国大手企業・ハドソン・ハイランド・グループは、人民元切り上げの可能性が高まれば、多国籍企業による中国進出ブームは冷え...

(大紀元)
2005.05.26
仙台、第三回「九評共産党」シンポジウム開催

 【大紀元日本5月26日】第三回「九評共産党」シンポジウムが5月22日、宮城県仙台市の在日華人互助会と「大紀元時報」との共催で仙台市のメディアテックにて開かれた。...

(大紀元)
2005.05.25
中共崩壊後、 政権を握るのは誰か?

 【大紀元日本5月25日】トロント大学の中国研究センターが主催した、『九評共産党(共産党についての九つの論評、以下九評)』に関するシンポジウム――「中共は崩壊後、...

2005.05.16
人民元切り上げでバブル経済の破綻

 【大紀元5月16日】台湾銀行本社社長・李勝彦氏はこのほど、為替レートから見れば、中国の経済は無限に膨張していくことがありえず、家屋不動産価格への支えが失われると...

中国の自由主義法律学者・袁紅氷教授と通訳の宋凱氏(左)
2005.05.15
袁紅氷教授、オーストラリアでのフォーラムで中国の現状について講演

 【大紀元日本5月15日】5月11日ニューサウスウェールズ州の人権協会の招きで、オーストラリア亡命中の中国の自由主義法律学者・袁紅氷教授がメイン講演者として、同協...

草庵居士によると、中国における国有資産の私有化は極めて不公平であり、経済改革はアルゼンチン経済の悲劇と同じ道をたどっている。ドルペグの単一レートから始まり、国債の発行、増税、教育・社会保障・医療の削減、そして最後に紙幣を乱発し、インフレに到る。
2005.05.05
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか?(五)

中共が国有資産を奪う今日、私はある年長者と討論をしましたが、その人にこう言いました。「中国経済は中国の全面的な崩壊を引き起こさないのか?」。 しかし、アメリカ人は...

2005.05.01
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(四)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

2005.04.28
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(三)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリアのサニーベイルにて行われた第13回“九評共産党”シンポジウムに参加した。
2005.04.26
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(二)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

草庵居士は中共政府の経済指標を用い、中国経済がなぜ、表面的には繁栄し、実際には至る所に危機を内在しているのかについて分析を行った。まず、中国経済は不均衡な発展をしており、70%が外需に依存している:郷・県・省3級の政府の財政赤字はGDPの70%になっており、銀行の不良債権は全国の営業利益(年ベース)の20倍である:さらに、銀行の不良債権の内幕は驚異的であった。(大紀元)
2005.04.25
草庵居士:中国の金融界はなぜ中国の未来を破壊するブラックホールとなるのか(一)

【大紀元日本ネット4月25日】(大紀元記者黄毅燕報道)著名な政治経済評論家である草庵居士は、4月3日、大紀元北カリフォルニア支部主催で、サンフランシスコ・ベイエリ...

2005.04.23
中国の不動産バブルはどれだけ持ちこたえることができるのか?

【大紀元4月16日】中国の不動産市場は、この数週間、中国経済に関する最もホットな話題となっている。中共最高の喉・舌である新華社は、4月3日に“評論員文章”を発表し...

大紀元
2005.04.09
不良債権比率の下落に反してリスクは増大 国有銀行改革は困難を極める

【大紀元3月18日】(大紀元記者 謝倫 総合報道)山積する不良債権、自己資本比率の低下に直面し、中国国有銀行は上場を通じて資金を吸い上げ、困難から脱却する計画をた...

2005.04.09
上海不動産価格高騰 一平方メートル8万元(約120万円)に到達

【大紀元4月4日】(中央社台北4日)報道によると、上海の不動産価格は上昇を続け、一平方メートルあたりの価格は5万、6万、7万元に達し、最も高いところで8万元にも達...

2005.04.05
オーストラリア投資銀行総裁:中国よりも日本に投資を

【大紀元4月3日】(大紀元記者雪リ編集報道)大多数の投資者が中国の経済に深く関心を示しているが、有力銀行であるオーストラリア投資銀行は、アジアのもう一人の巨人――...

【パン・アメリカン・インベストメント・グループ 副会長で
著名な政治経済評論家もある草庵居士(大紀元)】
2005.03.19
【独占掲載】草庵居士が講演、中国の株式市場の内幕を暴露

【大紀元2月18日】アメリカのサンディエゴで開かれた第2回『共産党についての九つの論評』研究討論会にて、草庵居士のすばらしい講演がセンセーションを巻き起こした。氏...

2005.01.20
何清漣が語る≪現代化の落とし穴≫

司会者:&nbsp;&nbsp;一九九七年、後に“中国経済改革に対する世界の評価を変えた”と称される一冊の本の原稿が、一年余りの時を経て、中国九社の出版社を回った...

^