THE EPOCH TIMES
トップ 中央政治局
中央政治局
海外複数のメディアが、習近平国家主席の「経済アドバイザー」である劉鶴氏が近く副総理に就任する見通しだと報道した。写真は今月24日、ダボス会議で講演した劉鶴氏。(FABRICE COFFRINI/AFP/Getty Images)
劉鶴氏、経済担当の副総理に就任報道 習氏の中学同級生
2018.01.30
中国第19回党大会開会中、会場の外で警備に当たっている若者(GREG BAKER/AFP/Getty Images)
飛び交う中国最高指導部メンバー情報、専門家「どれも信憑性が低い」
2017.10.24
香港メディアはこのほど、胡春華氏と陳敏爾氏は19大後、中央政治局常務委員に昇格しないとの見通しを示した。(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
胡春華氏と陳敏爾氏、「チャイナ・セブン」入り見送りか=香港メディア
2017.10.23
習陣営は、現在の中央意思決定を行う最高機関である中央政治局常委の分権管理システムが、全面的な改革を推進するにあたり足かせとなっていることを認識し、常委制廃止のシグナルを発し続けている(Nicolas Asouri - Pool/Getty Images)
来るべき大変革   常委制の廃止を見据える習政権 
2017.01.21
習主席に近い情報筋によると、19大で選出される中央政治局委員のうち大多数が習派になるという(Pixabay)
どうなる?中国政局   「19大」後の中央政治局、習派が絶対的優勢=情報筋
2016.11.16
会議を総括する6千字あまりのコミュニケでは、「習近平同志を核心とする党中央」と2回も明記され、党内において習氏が絶対的かつ最高な権力を有するのが確実となった
中国政治分析   中国 6中全会コミュニケから予想される4つの政治動向
2016.11.04
中国共産党中央政治局が10月28日に開催した経済会議において、今後の金融政策について初めて「資産バブルの抑制」を取り入れた。(参考写真)
中国不動産バブル   中国政府、異例の経済会議 さらに厳しい「資産バブル抑制」を示唆
2016.10.31
2012年5月3日、北京の釣魚台迎賓館で、ヒラリー・クリントン米国務長官とティモシー・ガイトナー財務長官と会談する習近平副主席。役職はすべて当時 (Jason Lee/AFP/GettyImages)
機密リーク   ヒラリー氏、習近平氏を「洗練されている」と褒める=ウィキリークス
2016.10.15
今月開催 六中会議のテーマは「厳しく党内を統制」 江派閥を強く意識
2016.10.06
9月14日、上海市政府は、習近平国家主席の元部下で同市党委副書記の応勇氏が同市副市長の兼任を発表した。翌日、人民解放軍上海警備区の司令官らが寄稿した記事の中で習氏への忠誠心と、江派閥の排除を目的にした同市新人事への支持を示した。(JOHANNES EISELE/AFP/Getty Images)
中国政治   上海市副市長に習近平氏の元部下が就任 「上海閥」人事整理か
2016.09.19
雲中の中国 (Photo by VCG/VCG via Getty Images)
謎の「権威筋」、習主席ブレーンの劉鶴氏か
2016.05.16
中国指導部、国家安全戦略綱要を決定 「わが国は危険な時期に」
2015.01.26
「第二の権力体制」中央政法委、権限大幅削減か=ロイター通信
2012.09.03
事故発生から6日目の7月28日、温家宝首相が事故犠牲者への献花に訪れる(Getty Images)
四面楚歌の温家宝 高速鉄道事故の裏に熾烈な権力闘争
2011.08.05
内部告発サイト・ウィキリークスが12月4日に公開した米国駐北京大使館09年7月23日付の公電で、中共最高指導部である中共中央政治局の政策決定過程に関わる情報を内部関係者の証言として明らかにした(Feng Li/Getty Images)
中共指導部の政策決定パターン、メンバーの利益がカギ=ウィキリークス
2010.12.08
7月18日、台湾で行われた法輪功学習者の集会。雨の中、中国での迫害により死亡した学習者を追悼した(写真・大紀元)
法輪功・反迫害11年の道 伴う中国の民主化運動
2010.07.20
中共中央政治局、拡大会議で「五大敵対勢力」を発表
2006.03.16
^