大紀元時報
トップ 二十四孝
二十四孝
(郭巨・「二十四孝図」より)
2019.03.02
親孝行
母のために子どもを埋める

郭巨は、晋代の隆慮(現在の河南省林県)の人で、裕福な家の生まれであった。父の死後、彼は家の財産を二人の弟に与え、自分は母を引き取り、親孝行を尽くした。

「扇枕温衾」(枕を仰ぎ、ふすまを温む)。父親思いの子供のお話です(shutterstock)
2017.08.28
親孝行
【二十四孝】枕を涼しくし、布団を温める

漢の時代、江夏安陸(現在の湖北省安陸市)という所に、黃香(こうこう)という孝子がおり、9歳の時に母を亡くしました。家が貧しいことを知っており、子どもながらも苦労を...

(David Stanley/Flickr)
2017.04.03
危険を顧みない
【二十四孝】鹿の乳を搾り取る息子

春秋の時代、郯子(たんし)という若者がいました。彼は年老いた両親と暮らし、心を尽くして彼らの世話をしていました。両親は共に目を患っており、郯子はとても気になってい...

(ネット写真)
2017.02.24
子供と一緒に読める
【二十四孝】曽参(そうしん)の親孝行

春秋時代、曽參(そうしん)という人がいました。彼は非常に親孝行で、いつも両親の好みに合わせて食事を作っていました。曽參の父親が亡くなると、曽參は羊棗(やんつぁう、...

(庾黔婁・「二十四孝図」より)
2008.01.10
中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(8)

 【大紀元日本1月10日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国...

(呉猛・「二十四孝図」より)
2008.01.06
中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(7)

 【大紀元日本1月6日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国伝...

(王裒・「二十四孝図」より)
2007.11.30
中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(6)

【大紀元日本11月30日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国...

(黄香・「二十四孝図」より)
2007.11.25
中国伝統文化の精髄-「二十四孝」(5)

 【大紀元日本11月25日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中...

(舜:二十四孝図より)
2007.09.14
中国伝統文化の精髄―「二十四孝」(1)

 【大紀元日本9月14日】「孝」は儒家の倫理思想の核心であり、長い間中国社会で家庭関係を維持するための道徳基準であった。それは、中華民族の伝統的な美徳であり、中国...

2007.09.01
『二十四孝:丁蘭』 木像を刻んで親に仕える

 【大紀元日本9月1日】漢朝の時代に丁蘭という人がいた。彼は幼くして両親を亡くし、両親に孝養を尽くすことができなかった。しかし、両親が自分を育ててくれた恩は深く心...

2007.08.29
「二十四孝:閔子騫」 葦の衣を着て母に従う

 【大紀元日本8月29日】閔損(びんそん、紀元前536年-紀元前487年)は、字を子騫(しけん)といい、春秋(周朝)魯国の人。孔子の弟子で、その徳行は顔淵と並ぶほ...

2007.08.26
「二十四孝:黄香」 「枕を扇ぎ布団を暖めて」父に孝行

 【大紀元日本8月26日】黄香は東漢江夏の人。九歳のときに母を亡くし、母への思いは一際深いものがあり、人々は彼を孝行者と褒め称えた。 黄香は勤勉で、辛さを恐れず、...

^