THE EPOCH TIMES
トップ 五輪
五輪
人民大会堂前の歓迎式典で温家宝首相と並ぶメルケル首相(Photo by Guang Niu/Getty Images)
メルケル独首相訪中、人権問題提起、北京政府を批判
2007.08.29
2007年8月25日、ドイツの首都ベルリンの首相官邸での公開イベントで支持者に手を振るアンゲラ・メルケル独首相(MICHAEL KAPPELER/AFP/Getty Images)
ドイツ首相:訪中前、人権問題提起を表明
2007.08.26
8月18日、北京オリンピック委員会周辺のビルには、多くの警察車両が配備された(大紀元)
北京五輪準備活動スタート、開催を疑問視する国際社会
2007.08.23
今後1年間で北京市の大気汚染改善されるのか、専門家は疑問視している=写真は、2007年7月、渋滞する車両の排ガスで大気がかすんでいる(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
北京の大気汚染、改善策を疑問視=WHO専門家
2007.08.22
18日(ベルリン現地時間) ガイペル選手(右)は、百人近い応援者を先導し、ベルリン市街を通り、北京五輪開催前に中国の人権問題を重視し、関心を寄せるよう呼びかけた(中央社)
人権聖火リレー:独ベルリンに到着、中国人権問題重視呼びかけ
2007.08.19
エドワード・マックミラン・スコット氏=欧州連合駐ロンドン事務所内で(大紀元)
EU議会副議長、中国人権活動家と電話会談を公開
2007.08.19
2006年冬季オリンピックのメダリスト、マルティンス・ルベニス氏
(THOMAS COEX/AFP/Getty Images)
人権聖火、問われる北京五輪の真義
2007.08.13
スコットEU副議長
北京五輪ボイコット、EU連合へ要請=EU議会副議長
2007.08.13
昼でも霧がかかったような天安門広場、北京の大気汚染は深刻=2007年8月6日(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
北京五輪:深刻な大気汚染、選手に悪影響の懸念=IOC会長
2007.08.12
「中国の人権侵害と北京五輪は同時に存在してはならない」と呼びかけたボイコット運動(ARIS MESSINIS/AFP/Getty Images)
何清漣:五輪大会の蝕
2007.08.12
米与野党、中国当局の人権侵害などを非難
2007.08.11
「同じ世界、同じ夢、自由チベット2008」のスローガン。北京五輪のテーマ「同じ世界、同じ夢」を皮肉った
万里の長城にチベット独立スローガン、チベット人強制連行=中国北京
2007.08.11
人権聖火リレーのポスター
北京五輪ボイコット運動、今月10日に横浜で決起集会=法輪功迫害真相調査団
2007.08.10
「国境なき記者団」秘書長のロバート・メナード氏は、大きさ100平方メートルの手錠で五輪のデザインにされた横断幕は、背景のアルコル橋に掛けてあると言った(大紀元・王泓)
国境なき記者団:パリで記者会見、北京五輪ボイコット活動開始
2007.08.10
鮑彤氏(ネット写真)
人権への訴求は、オリンピックの政治化ではない=趙紫陽元総書記秘書
2007.08.10
シンポジウムの会場(大紀元)
ギリシャ・アテネでオリンピックと中国人権問題シンポジウム開く=法輪功迫害真相調査連盟
2007.08.10
意味不明の訳語が氾濫、中国当局が翻訳者募集
2007.08.09
アムネスティ=中国当局に中国人権報告書提出
2007.08.09
式典を前に監視の目を光らせる公安関係者=写真は、2007年8月7日、天安門広場近くの長安街で(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
北京五輪カウントダウン式典前に、陳情者の大量逮捕
2007.08.08
五輪精神を実行し、民主中国を建設しよう=香港で(大紀元)
北京の老舗名店、強制移転に断固反対
2007.08.08
2007年8月6日、国際報道自由団体「国境なき記者団」(RSF)の代表らは北京オリンピック委員会オフィスの前で記者会見を開いた。取材内容を取っている記者(PETER PARKS/AFP)
国境なき記者団:北京五輪委前で記者会見、記者らの解放を呼びかけ
2007.08.08
ロサンゼルス・チャイナタウンのアルパイン体育館前で「オリンピック自由マラソン」を開始=左から五番目の背の高い男性が陳氏(大紀元)
中国ナショナル・チーム元選手「北京五輪は中共の邪悪な本質を隠す」、自由マラソンで呼び
2007.08.08
ウィキペディア基金会の理事長Florence Devouard氏(wikipediaより)
ウィキペディア:北京当局へ、封鎖解除を呼びかける
2007.08.06
在中外国人記者クラブ:報道自由、承諾内容には程遠い
2007.08.05
米ダナ・ローラバーカー議員(大紀元・麗莎)
米議員ら、北京五輪ボイコット法案提出、人権聖火リレーを支援
2007.08.05
北京朝陽区原大屯郷大屯村の住民はすでに12日間にわたり、北京「華匯」不動産開発センター入り口前で座り込み抗議を行った(大紀元)
北京五輪会場周辺住民、12日間連続座り込み抗議
2007.07.28
北京のウォルマートの広告の前を通り過ぎる女性=2007年7月26日(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
米大手ウォルマート社、中国仕入れ業者に労働者権益の改善警告
2007.07.27
北京五輪開催時に抗議する可能性のある外国団体および個人の情報収集を展開=写真は、2005年9月、重慶で開かれた英語による外国人尋問コンテストで、外国人を相手に模擬尋問する地元の警察官ら(Getty Images)
北京政府、五輪抗議活動を抑制、海外種々団体から情報収集
2007.07.26
露店に並べられた新聞・雑誌=上海で(MARK RALSTON/AFP/Getty Images)
北京当局の報道規制強化、「五輪招致時の公約守る誠意あるのか」=外電
2007.07.23
シンポジウムに出席した彭明敏教授(右)(大紀元)
台湾著名法律家、全世界人権聖火リレーを支持表明
2007.07.19
^