THE EPOCH TIMES
トップ 五輪
五輪
食品検査する衛生職員=写真は、2007年3月、北京で(Photo by Guang Niu/Getty Images)
中国、北京五輪期間中食品安全を保証、国際社会の圧力か
2007.07.13
香港メディア(Photo credit should read LAURENT FIEVET/AFP/Getty Images)
香港記者協会:香港返還後、報道の自由が萎縮
2007.07.11
(左から)英国民主陣線代表・金露西氏、スイスの信仰団体インターフェイス・インターナショナルのチャーリース・グラブス博士、CIPFG欧州分団団長のジョン・ディー氏、英国上院議員かキャロライン・コックス、英国前ベテラン外交家のセラ卿、オランダ詩人のウィルバート・スチュイフバーゲン氏(大紀元)
法輪功迫害真相調査団:欧州分団、人権聖火リレー参加発表=英ロンドン
2007.07.11
北京市の大気汚染は全市がガスに埋もれている。北京当局五輪を前にして、自動車の排気規制によって大気汚染を改善しようとしている(TEH ENG KOON/AFP/Getty Images)
中国の圧力で世銀報告一部未公開、環境汚染で毎年75万人が早死=英紙
2007.07.06
中国語版の「北京2008手錠五輪」のログマーク(国境なき記者団提供)
「北京2008手錠五輪運動」開始=国境なき記者団
2007.07.05
(大紀元資料写真)
北京大学五輪競技場から出火
2007.07.03
五輪聖火リレー経路で、「中国台北」から「中華台北」へ中国側が呼称変更
2007.07.02
「皇太子、北京五輪から離れよう」と題する記事を発表したデンマーク最大手新聞「ユランズ・ポステン(Jyllands-Posten)」紙(6月26日)
「皇太子、北京五輪から離れよう」=デンマーク両政党、政府・王室に進言
2007.06.30
取材を受けるウェストモア氏(大紀元)
豪州シンクタンク会長、中国臓器狩り現地調査の許可を要求
2007.06.17
疲れ果てて寝入る未成年労働者(ネット写真)
中国:山西省で児童の強制労働、隣省で父親調査団が救援活動展開
2007.06.16
ペロシ下院議長=写真は2007年6月13日、ワシントンで(Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)
北京五輪グッズ製造問題:米国下院議長、問題企業の調査促す
2007.06.15
プレイフェア2008のサイト
北京五輪グッズの製造工場、法定賃金の半分で児童働かす=プレイフェア2008
2007.06.13
カナダ前議会議員のデービッド・キルガー氏(上左)と、CIPFGの4大支部団長=北米支部団長のルブン・バーク氏(上中)、アジア支部団長=頼清徳氏(上右)、欧州支部団長=カロリン・コカス氏(下左)、豪州支部団長=アンドリュ・バレット氏(下右)
各国政界要人連名、中国胡・温両氏に、法輪功迫害中止を呼びかける=CIPFG
2007.06.11
ブッシュ大統領(中)を間に話し合う、メルケル独首相(右)と胡錦涛中国主席=2007年6月8日(Photo by Sean Gallup/Getty Images)
中国人権問題、胡・総書記に圧力=G8サミット
2007.06.11
大会でスピーチする党総責任者・徐文立氏(大紀元)
中国民主党、初の海外代表大会開く、米国下院議長らから祝辞
2007.06.08
ナンシー・ペロジ米国下院議長(AFP)
米下院議長、天安門事件の犠牲者に敬意を表す
2007.06.07
中国大陸では民衆が暴力に屈せず、民主・人権を求める運動が高まっている。写真は四川省自貢市農地を守る農民たち(写真:村民提供)
人権主張する農民6千人の署名で、北京五輪ボイコット=中国黒龍江省
2007.06.06
北京五輪と人権問題を絡めて言及した声明を掲載した米国務省サイト
米国務省:天安門事件18周年に向けて声明、北京五輪と人権問題に言及
2007.06.03
(Getty Images)
五輪聖火、中共への非難を集中点火=米有力紙
2007.05.05
4月30日に発表されたアムネスティのプレスリリース
中国人権状況の悪化、五輪公約果たさず
2007.05.02
北京東庄直訴村(ネット公開写真)
中国:北京五輪を前に、環境汚染・人権・報道自由の問題に直面
2007.02.27
(ネット公開写真)
中国雲南省:乱開発の禿山にペンキを大量噴霧して「緑化」
2007.02.18
(China Photos/Getty Images)
台湾衛生署:台湾患者の渡航臓器移植、9割が中国
2007.02.14
「飛び込み禁止」の英訳が「No jumping water」。写真提供者は「水の跳ね出し注意か?」
中国:笑止千万「チングリッシュ」、五輪前に修正可能?
2007.02.13
開かれた公聴会(大紀元)
中国の人権悪化、北京五輪精神に違反=米国上院公聴会
2007.02.07
台湾・香港:中国当局の理由無き禁書、各界から強く譴責
2007.02.07
カナダ独立調査報告書は、中共が法輪功学習者を使い、生体移植のための臓器バンクとしたことを明らかにした。モントリオールの法輪功学習者・王暁華氏は、2002年に投獄先で全面的に健康診断が行われたと証言(Matthew Hildebrand/大紀元)
カナダ独立調査団:中国臓器狩り事件、新たな証拠を公開
2007.02.02
モスクで祈りを捧げる中国のイスラム教徒=2006年10月、新疆ウイグル自治区カシュガルで(Photo by Guang Niu/Getty Images)
中共政権、「東トルキスタン」独立派18人射殺  
2007.01.11
年末年始、天安門の警備は強化された=2006年12月30日、雪の天安門をパトロールする武装警察官(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
林和立:五輪時限の報道規制緩和、単なる見せかけ
2007.01.10
1月1日、取材報道規制の緩和が実施され、海外メディアは当局の許可がなくても取材が可能になった=元日、北京五輪のスローガンが設置された山に登る人々、北京郊外で(FREDERIC J. BROWN/AFP/Getty Images)
中国:取材規制の緩和実施、当局監視の活動家らに海外メディアの取材攻勢
2007.01.03
^