大紀元時報
トップ 人体の不思議展
人体の不思議展
2016年、プラスティネーション開発10年記念展がドイツで開催され、準備される献体の人体標本 (Photo by Michele Tantussi/Getty Images)
2018.04.09
人体標本
大連にあった人体加工工場の元従業員による告白

中国人権問題に詳しいカナダの弁護士デービッド・マタス氏は、2017年プラハでの人体標本展での展示物について「中国人の死体はほとんどが公安、警察当局から供給される」...

2017年11月、イタリアのセビリア市で開催された人体標本展「ボディ・ワールド」の展示作品(CRISTINA QUICLER/AFP/Getty Images)
2018.04.09
人体の不思議
物議を醸す人体標本展、ふたたび NZで今月開催

人体に通う血流や体液を合成樹脂に変え、人体を保存する技術を使用した人体標本の企画展示「ボディ・ワールド・ヴィータル」が4月23日~7月13日、ニュージーランドの最...

2014.09.12
人権団体が「死体の身元」調査要求=カナダの人体標本展

【大紀元日本9月12日】カナダの人権団体は、同オンタリオで開催中の人体標本展に、死体の身元を調査するよう地元当局と警察に要求した。中国当局から非人道的に扱われた「...

ウィーンのオーストリア国立歴史博物館(Jorge Láscar/Flickr)
2013.07.24
「人体の不思議展」死体は誰か ハーゲンス博士にDNA鑑定要求

死体標本となった人物は誰なのか。ドイツの解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏の死体保存法を用いて、生々しい肉体内部をさらした死体がポーズを取る展示会「Body ...

^