大紀元時報
トップ 人権弁護士
人権弁護士
NTDTV
2019.03.04
中国で不当に扱われた人々のために戦ってきた人権弁護士 7年間不当に迫害

中国は言論や集会 信仰の自由を認めてはいるのですが、現実では国民はそういった自由は許されず、裁判所でもそういった自由を認めていません。

中国当局に拘束されている人権弁護士、王全璋氏の妻ら4人は17日北京の公園で、当局による王弁護士の長期拘束に抗議して、髪の毛をそり落とした(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2018.12.20
弁護士の長期拘束に抗議 妻ら女性4人が丸刈りに

中国当局に拘束された王全璋弁護士の妻ら4人は17日、北京市の中央公園で当局による人王弁護士の長期拘束に抗議して、髪をそり落とした。

中国当局に拘束されている人権弁護士、王全璋氏と妻の李文足氏と息子(李文足氏のツイッターより)
2018.12.12
「王全璋弁護士を解放せよ」、世界16の弁護士団体が呼びかけ

世界人権デーである12月10日、世界16の弁護士団体が共同で中国当局に対して、拘束中の人権弁護士・王全璋氏の釈放と、王弁護士家族への抑圧を停止するよう書簡を送った...

弁護士一斉拘束事件で一時、拘束されていた謝燕益弁護士は、釈放後に法輪功学習者の弁護を担当。5月23日、「法輪功問題は中国の根本」と主張する書簡を公開した(中国人権)
2018.07.31
中国人権
「中国根本の問題、善悪の判断だ」法輪功裁判に臨む弁護士たち

「世界最大の人権問題を抱える国は中国であり、しかも中国最大の人権問題は法輪功だ」。中国の弁護士・謝燕氏と謝楊氏は公開書簡につづった。両者は中国で、拘束されたカナダ...

7月9日、米で開かれた「中国人権弁護士一斉拘束」3周年関連講習会で、人権活動家の陳光誠氏(中央)が、「中国人権弁護士アワード」を受賞した王全璋弁護士の代わりに、国連拷問禁止委員会のフェリス・ガイル(右)副委員長から賞を受け取った(王新一/大紀元)
2018.07.10
「709弁護士一斉拘束」3周年 複数の海外都市で抗議活動 

中国当局が3年前の7月9日、国内人権派弁護士の一斉拘束を実行し始め、数カ月の間で約300人の弁護士を身柄拘束した。「709事件」と呼ばれたこの一斉拘束をめぐって、...

天津国際空港で出国の際、はさみを入れられた包龍軍氏の長男のパスポート。(包龍軍氏のフェイスブックより)
2017.11.15
中国人権弁護士の長男 東京に出国直前足止めされた

中国の人権弁護士夫妻の長男(18)が13日、観光ビザで東京に向かう際、天津国際空港で「出国すれば、国家安全を危害する可能性がある」との理由で足止めされた。米国営放...

中国の人権弁護士高智晟氏。(大紀元資料室)
2017.11.03
2カ月前に消息を絶った人権弁護士 中国公安当局に監禁されたとの情報=支持者

8月以降消息を絶った中国の人権弁護士・高智晟氏が近日、公安当局により不当監禁されているとの情報が、高氏の支持者「高智晟関注組(高智晟の動向を見守るチーム)」を通し...

2016年4月、北京の中心地を走る電車の中、手すりにつかまる少年(FRED DUFOUR/AFP/Getty Images)
2017.10.02
インタビュー
「外国人参政権に大反対」中国出身の帰化日本人からのメッセージ

「帰化人として外国人参政権大反対。中国民主化支持。中共がいる限り、日中友好は日本人の片思いにすぎない」。フォロワー5700人以上、毎度のツイートは数百回転載されて...

消息不明の王全璋弁護士の安否を心配する妻(右) (関係者ツイッター)
2017.05.20
中国人権弁護士大規模逮捕事件 拷問証言多数 調査求める

2015年7月9日から2カ月間で中国各地で人権弁護士や人権活動家など約320人がたて続けて勾留・逮捕され、国際社会も注目した「709事件」。この事件に絡んで、収容...

就学できない李和平弁護士の娘・佳美ちゃんと、幼稚園に入園できない王全璋弁護士の息子・泉泉ちゃん(王全璋弁護士の妻・李文足さん提供)
2017.04.29
人権弁護士大量拘束から2年
子は就学できない 嫌がらせも…苦境を妻が明かす

2015年7月9日から始まった中国当局による人権派弁護士の一斉拘束から間もなく2年。残された家族は、いわれのないうわさの流布や、住居移転を余儀なくされ、さらに子供...

2006年、香港で、中国国内で拘束されたり軟禁されたりしている人権弁護士たちの解放を訴える人々。左から陳光誠氏、高智晟氏(MIKE CLARKE/AFP/Getty Images)
2017.04.23
北京の弁護士・余文生氏
「中国人、目を覚まして!」命なんて惜しまない(5)

現在の中国では、真の安全を保証されている人など誰もいないのです。巨大な国家権力と対峙している私は、自分の力では妻子を守り切るなど不可能ですし、誰かを守り切れる人な...

「私たちは戻ってくる」。2014年12月、香港民主化デモ「雨傘革命」で、参加者が作ったと思われる小さなフライヤーに記されたスローガン(Lucas Schifres/Getty Images)
2017.04.22
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「中国人、目を覚まして!」ファシスト国家でしか起きないことが起きている(4)

「709」で大勢の弁護士が拘束されました。私は8月6日の夜、ドアをこじ開けて家に押し入ってきた警察から手錠をかけられ、そのまま連れ去られました。その後の24時間の...

北京で2000年5月、ニューススタンドの前に立つ男性(STEPHEN SHAVER/AFP/Getty Images)
2017.04.20
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「中国人、目を覚まして!」金儲け主義で人のことを考えない(3)

たくさんの中国人が海外で暮らしていますが、彼らは実は、疎外されていいます。中国人が米国社会で確固たる地位を得られないのはなぜでしょうか? 金儲けにしか興味がなく、...

2017年3月、北京の人民大会堂で、セルビア大統領歓迎式典に参加する子供(GettyImages)
2017.04.17
北京の人権弁護士・余文生氏 独占インタビュー
「思考のマヒした中国人、目を覚まして!」北京の人権弁護士(1)

圧政の中国で、命の危険をかえりみず弱者の弁護に取り組む人権派弁護士がいる。拘束や拷問の経験もある北京の弁護士・余文生氏は最近、大紀元のインタビューに答え、自由のな...

人権弁護士、高智晟氏。高氏のようにノーベル平和賞候補にも挙げられた「中国の良心」とも呼ぶべき高潔な人物に対し、共産党政権は弁護士資格を抹消し、強制失踪や凄惨な拷問を繰り返した上、刑罰を与え、 「不適格者」の烙印を押した。(VERNA YU/AFP/Getty Images)
2017.04.12
大紀元 苦胆コラム
なぜ中国では「まっとうな発言者」が排除されるのか?

中国のおかしなところは、まっとうな発言がことごとく無視され、発言者が冷遇され、それでも発言の正当性を主張すれば不適格者の烙印を押されることだ。そのような発言者を一...

(winnifredxoxo/Flickr)
2017.03.02
拷問停止を訴える「反酷刑連盟」発足 弁護士・陳光誠らが加盟

不当に連行された人権弁護士に中国公安警察が収監中に拷問を行っているという情報が絶え間なく伝えられてくる中、中国人人権派弁護士や人権活動家らが「反酷刑連盟」を発足さ...

中国の人権派弁護士、江天勇(写真)氏の行方が分からなくなっている。(大紀元資料)
2016.12.01
弁護士失踪
人権派弁護士、またも行方不明に 弁護士61人が調査を要求

 中国の人権派弁護士、江天勇氏が11月21日夜から行方不明になっている。消息を絶つ直前、2015年7月に大量に拘束されたなかの一人の弁護士の家族を尋ねるため、湖南...

6月、台湾立法院超党派国際人権促進会に参加した、高智晟弁護士の娘、耿格さん(大紀元)
2016.11.19
高智晟弁護士
中国共産党の闇を暴露し、崩壊を予言する本 ネットで無料公開

 法輪功を弁護したことで迫害されている人権弁護士は16日、6月に発表した新著を大紀元中国語ネット版に無料公開した。本は、中国当局による拷問や家族への嫌がらせ、共産...

張弁護士は裁判の際、「江沢民前国家主席が法輪功弾圧機関である「610弁公室」を違法に設立して学習者を弾圧したことは法制度を崩壊させる行為であり、江沢民こそが大きな罪を犯した張本人だ」と被告の人権を擁護する立場を堅持した。張弁護士は中国当局から脅迫を受けている(ネット写真)
2016.10.24
江沢民の非人道性
米国の中国専門委員会が注目 中国の人権派弁護士

 米国の中国に関する連邦議会・行政委員会CECC(Congressional-Executive Commission on China)は10月6日、2016年...

16年9月13日、法輪功学習者、周向陽氏と李珊珊氏を被告とする裁判が、天津市東麗裁判所で開廷。弁護団の一人である余文生弁護士(向かって左から3番目)(大紀元)
2016.10.23
北京の余文生弁護士
人権派弁護士の壮絶な獄中体験 死線を超えてたどり着いた境地(2)​

「譲歩することで自分の立場がさらに受け身になるだけだからだ。ただ戦い続けるしか、生き残る道はない。これが、私がその後も戦い続けている理由だ。私が今いる場所も、戦い...

16年9月13日、法輪功学習者、周向陽氏と李珊珊氏を被告とする裁判が、天津市東麗裁判所で開廷。弁護団の一人である余文生弁護士(向かって左から3番目)(大紀元)
2016.10.21
北京の余文生弁護士
人権派弁護士の壮絶な獄中体験 死線を超えてたどり着いた境地(1)

北京在住の弁護士・余文生氏は、2014年9月に香港で起きた民主化要求運動、いわゆる「雨傘運動」を支持した人権活動家である張宗鋼氏の弁護を引き受けたことで、同年10...

著名な人権弁護士・王宇さん(PHILIPPE LOPEZ/AFP/Getty Images)
2016.02.05
英紙に公開状 人権弁護士の釈放求める

中国公安局が大規模に人権弁護士を拘束、逮捕していることに対して、国際社会から関心の目が向けられている。1月18日、英紙「ガーディアン」で一通の公開状が発表された。...

2015年初め、陜西省の自宅でジャーナリストのインタビューを受けた高智晟弁護士 (AP Photo/Isolda Morillo)
2015.09.24
中国の人権弁護士
「中国共産党体制は2017年に終わる」ノーベル賞候補の中国人権弁護士

中国の著名な人権弁護士・高智晟氏は、刑務所で拘留期間中に書き上げた未発表の著書で、共産党の専制政治は2017年に終わると予測していることが明らかになった。米AP通...

8日、ブリュッセルで行われたドキュメンタリー「恐怖を超えて」の上映会 (大紀元)
2014.04.18
高智晟弁護士のドキュメンタリー「恐怖を超えて」、ブリュッセルで上映会

【大紀元日本4月18日】中国新疆で監禁されている著名な人権弁護士・高智晟氏の生い立ちを記録するドキュメンタリー映画「恐怖を超えて」の上映会が8日、ベルギーの首都の...

監禁中の弁護士高智晟氏 (AP/看中国)
2013.01.22
監禁中の人権弁護士高智晟氏、9ヵ月ぶり家族面会 刑務所側「何も聞くな」

監禁中の弁護士高智晟氏 (AP/看中国)【大紀元日本1月22日】中国新疆ウイグル自治区の刑務所で服役中の人権弁護士高智晟氏は12日、厳しい監視下で家族と面会した。...

中国のインターネットカフェ(Kai Hendry/Flickr)
2012.08.06
「新・黒五類」は米国の手先か 人民日報、敵対階層を主張

中国のインターネットカフェ(Kai Hendry/Flickr)【大紀元日本8月6日】中国共産党の機関紙・人民日報(海外版)は7月31日、「中国が直面する脅威はど...

2012.05.01
米フォーブス:中国を変えられる4つのショック

 【大紀元日本5月1日】経済成長を続ける中国だが、ここ4カ月、国内では中国共産党政権を大いに揺るがす騒動が続いている。米経済誌「フォーブス」(ウェブ版)は先月29...

今年4月、高智晟弁護士は失踪1年後、米AP通信の独占インタービューを受けた。容貌、表情も変わり、国際社会の多大な関心を集めた(新唐人テレビ映像スクリーンショット)
2011.12.19
高智晟弁護士に追加懲役3年 「すでに死亡か」と憂慮の声も

 【大紀元日本12月19日】中国国営通信社・新華社は16日、行方不明の人権派弁護士・高智晟氏を追加懲役3年に処すると報道した。同氏はこれまでに幾度も強制連行され、...

2011.11.05
中国の経済発展は人権改善を導いていない=米議会報告書

 【大紀元日本11月5日】米国議会が最近公表した中国の人権報告書は、中国の発展に絡む問題について次のように警鐘を鳴らした。「なぜ中国経済は著しく発展し、国際舞台で...

人権派弁護士・高智晟氏の妻・耿和さんは、訪中するバイデン米副大統領に、夫の所在の確認を中国政府に提起してほしいと訴えた。写真は、今年1月18日、胡錦濤主席の訪米に合わせて記者会見を行う耿和さん(大紀元)
2011.08.17
行方不明の人権弁護士妻、訪中の米副大統領に援助要請

 【大紀元日本8月17日】2006年8月15日に「国家政権転覆罪」で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた中国人権派弁護士・高智晟氏の執行猶予期間は今月14日で...

^