トップ 健康
健康
Pixabay
2020/05/04
【漢方相談室】便秘症

便秘症に悩み、長期間下剤を使用している人がたくさんいますが、このような対処方法は非常によくありません。

Epochtimes
2020/05/03
顔から読める、あなたの内心世界

東方文化の中には昔から「面相術」があり、人の面相から、ある程度その人物の運命を読み取ることができる。

大紀元
2020/05/02
珍しい人体形の生薬 何首烏

人体の姿に似ている生薬として、薬用人参がよく知られているが、もう一つあまり人々に知られていない生薬に、「何首烏(カシュウ)」というのがある。

Photo by Jorge Franco on Unsplash
2020/05/02
昼寝で午後も快調!

仕事中、猛烈に眠くなる事はありませんか?特にランチをお腹いっぱい食べた後、つまらない会議なんかあったら、ますますまぶたが重くなりますよね。そこでつい居眠りをして、...

Pixabay
2020/05/01
「大脳のために歌う」 認知症に効果

イギリス・ラジオ局BBCの報道によると、イギリスでは、「大脳のために歌う」という認知症患者のグループが、歌を通じて認知症のリハビリを試みており、非常にすばらしい効...

(Getty Images)
2020/04/30
孫真人の養生法

中国唐代の名医として知られる孫真人は、本名を「孫思ばく」といい、修道者としても有名である。彼は得道して仙人(真人)になり、141歳になった後、仙界に帰ったという言...

太極拳は張三豊が修道するときに使った方法ですが、現在残されているのは、その練習の動作だけで、その法理は残されていません(Photo credit should read NICOLAS ASFOURI/AFP/Getty Images)
2020/04/30
太極拳の祖師 張三豊

太極拳は現在、健康法として、中国ではもちろん、日本でも多くの人に愛好されています。しかし太極拳は、本来、健康のために行なう運動ではなく、道家の修煉者である張三豊に...

Pixabay
2020/04/29
携帯電話の電磁波とその防止法

現代人にとって欠かすことのできない携帯電話。しかし、その携帯電話から発生する電磁波が健康に害をもたらし、その影響は未知数であるという研究結果がある。ただ、携帯電話...

Pixabay
2020/04/29
「快楽中枢」の恐ろしさ

豊かな経済は快適な生活を我々にもたらす。しかし、物質的な豊かさは、人間の欲望を満足させると同時に、常に脳内の「快楽中枢」を刺激して、さまざまな悪い習慣を身につけて...

Pixabay
2020/04/29
骨粗鬆症に良い薬膳

加齢とともに起きる身体の機能退化には、薬物(治)療法より、日ごろの養生がもっと大切かもしれない。薬膳はさまざまな養生法の中のひとつである。

Pixabay
2020/04/29
病気治療には運気も関わる

現代科学の理論に染まった人々にとって、病気治療と運気の関わりは理解しがたい問題である。病気治療中に発生する良し悪しの結果は、習慣的に偶然のことだと思われる場合が多...

張徳科
2020/04/28
中国新疆:電気人間、電流で腰痛治療

張徳科さんは、自身の身体に流れる220ボルトの電流で王心浩さんの腰痛を治した。

Pixabay
2020/04/27
美容にも良い漢方の健康茶

ローズの花は、憂鬱な気分を晴らしたり、血液の循環を良くする働きがあり、赤い色の方がより効果的である。

(Getty Images)
2020/04/27
美女は睡眠から生まれる

英国の詩人バイロンは、「早寝早起こそが、美しい顔をあでやかで美しいままに保ち、紅にかかるお金を減らすことができる。少なくとも幾冬かは」と言った。十分な睡眠は美しさ...

Wikipedia
2020/04/26
松花皮蛋(ピータン)の由来

中国料理の前菜に付き物の「ピータン」は、中国名を「松花皮蛋」という。水晶のように透き通った碧緑色の卵白部分に、松の花の模様があることからこの名が付いた。

Pixabay
2020/04/25
漢方薬は月経痛に優れた効果

複数の国の3500人の女性を対象に行った調査の結果では、漢方薬は月経痛を緩和するのに有効であり、その効果は西洋医学の薬や鍼灸、温熱療法よりも高いことが分かった。 ...

Pixabay
2020/04/25
死に直面して感じる、幸福感の不思議

最新のある研究で、興味深い現象があった。人は、自分の死を想像する時、悲しみよりもむしろ幸福を覚えるというのだ。

Pixabay
2020/04/25
ダイエットにおすすめの野菜

多くの太り気味、または太りたくない人の中には、肉食や脂肪分の多い食品を控えれば良い、野菜類なら何を食べても構わないと思っている人が少なくない。野菜類は肥満症にあま...

Pixabay
2020/04/25
6分の睡眠で記憶力アップ=独研究

わずか6分の「超短時間」睡眠をとるだけで、記憶力が大幅にアップすることが、ドイツの研究で明らかになった。BBCが21日伝えた。 これまでの多くの研究から、睡眠と記...

(Matt Cardy/Getty Images)
2020/04/25
アジア人によく見られる育児の欠点

アジアの国々では育児の考え方においていささか欠点がある。例えば、生まれてから6カ月は完全に母乳で育てるようにし、その間噛んで柔らかくした食べ物を幼児に与えないほう...

Pixabay
2020/04/24
厳しい母親の子供は、肥満になりやすい

母親のしつけが厳しい子どもは、肥満になりやすいという研究結果が、ボストン大学メディカル・スクールの研究チームから発表された。報告によると、子どもに厳しい「専制型」...

(photos.com)
2020/04/24
スマホ、パソコン族に必要な目の保養法

現代人にとって、もはやスマホ、パソコンは欠かせないもの。しかし、目は過度の疲労で老化現象が進みやすくなっている。眼筋に疲労が蓄積すると目の周りにクマができ、美容に...

瞑想でリラックス(写真・大紀元)
2020/04/22
瞑想で集中力アップ

瞑想(Meditation)すると集中力が増すということをご存知ですか? 米国・マサチューセッツ州総合病院(Massachusetts General Hospi...

Pixabay
2020/04/21
「寝る子は育つ」 定時に寝ることが大切=米研究 

毎日決まった時間に眠り、十分な睡眠をとっている子供は心身の発達レベルが高いと今月初めに米テキサス州サン・アントニオで開かれた睡眠に関する会議で報告された。

(Peter Ziegler/Pixabay)
2020/04/13
高齢者の抱える「怒り」の感情 抑制研究は健康への一歩

渋滞中のストレスが、代わりのルートを見つけるように動機付けすることもあるように、ネガティブな感情は必ずしも悪いものではなく、時には有益になるときもあります。

(Photographee.eu/Shutterstock)
2020/04/13
「老い」に対する認識の変化

私は現在66歳ですが「高齢者」の認識は変わってきているように感じます。そう感じているのは私だけではないはずです。

(Pixels, Shutterstock)
2020/04/13
心臓病を引き起こす 6つのワースト食品

心臓疾患による死亡者は、米国だけでも毎年61万人に達しており、南北アメリカでは男女ともに死因のトップとなっています。性別、民族、家系的な遺伝要因とは異なり、心臓疾...

(Monkey Business Images/Shutterstock)
2020/04/13
60歳になっても社会性が高い人 認知症発症リスクが低下

認知症の発症は社会性の低下に大きく関連している。家族や友人と頻繁に接触して、活動的になることが認知症予防になりうる。

(Edward Cisneros/Unsplash)
2020/04/13
アンチエイジングの知恵  長生きと若返りに関するウソ・ホント

私たちのおばあちゃんの時代には、女性は36歳で老齢期の入り口に立たされていた。女優のベティ・ホワイト(97)や俳優のディック・ヴァン・ダイク(94)がハリウッドス...

Free-PhotosによるPixabayからの画像
2020/04/11
簡単に精神を鍛えるための 5つの方法

現代において、科学者たちは精神をさらに鍛える方法を模索し続けています。ここでは簡単に精神を鍛えるための5つの方法を取り上げます。

^